人間の真の誠実は、たとえば礼儀正しさと同じように、小さなことに対するその人の態度にあらわれる。『幸福論』カール・ヒルティの言葉

スポンサーリンク

(1)

これまでに激しい苦悩も味わわず、

自我の大きな劣敗を経験しなかった、

いわゆる打ち砕かれたことのない人間は

何の役にも立たない。

(2)

悩みのみが正しい意味で、

人を謙遜にする。

(3)

争いをしているときは、

理のある側が、まず先に若干譲歩すべきである。

理のない相手は、全然許すことのできないのが通常である。

(4)

川の氾濫が土を掘って田畑を耕すように、

病気はすべての人の心を掘って耕してくれる。

病気を正しく理解してこれに堪える人は、

より深く、より強く、より大きくなる。

(5)

過度に謙遜な人を真に受けてはいけない。

ことに、自分で自分を皮肉るような態度を信用してはいけない。

その背後には、たいがい虚栄心と名誉心の強烈な一服がひそんでいる。

(6)

決心ができていれば、

あなたの心にのしかかっている、たいていの問題は、

その時、太陽の前の霧のように立ち消えてしまうものです。

(7)

人間の真の誠実は、

たとえば礼儀正しさと同じように、

小さなことに対するその人の態度にあらわれる。

(8)

最良の友人とは、

いつでも苦しいときに友を見捨てない人のことである。

(9)

苦難はたいてい未来の幸福を意味し、

それを準備してくれるものである。

スポンサーリンク

(10)

自分の仕事に我を忘れて、

完全に没頭できる人が、もっとも幸福である。

(11)

人間の最も偉大な力とは、

その一番の弱点を克服したところから生まれてくるものである。

(12)

寝床につくときに、

翌朝起きることを楽しみにしている人間は、幸福である。

(13)

丁寧に拒絶することが出来るのは、

交際の上で重要な術である。

(14)

病気は、

より高い人生の階段を登ってゆく通路に過ぎない。

(15)

愛は全てに打ち克つ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存