自らを焦らし、焦らし、なかなか掴めぬ自由にもがき苦しむマゾになれ。みうらじゅんの言葉

スポンサーリンク

(1)

自分の性格を人と比較するから、

損だとか得だとかいう話になるんだと思います。

おれは周りから見て

「憎みきれない、ろくでなし」ならいい。

それを目指しているんです。

(2)

おもしろくないって感想は、

受け身だから出る考え。

(3)

中途半端にかしこくなるよりも、

素晴らしいバカになるために努力をするべきだ。

(4)

そもそも存在しない将来に

期待なんてし始めたら不安で仕方なくなる。

だから僕は努力して頭をバカにしてる。

展望なんて作るな、

目標に到達できなくても焦るな、

他人と自分を比べるな、と。

(5)

自らを焦らし、焦らし、

なかなか掴めぬ自由に

もがき苦しむマゾになれ。

(6)

声に出せないぐらい

(心が)ダメなときもあるよね。

そういうときは、

飲み屋のトイレみたいなところで、

変な顔してみるといい。

こういうことができるなら、

「あっ、まだ俺、大丈夫だ」って、

思えるから。

(7)

大人になって気づいた

最大の自由とは死ぬことであった。

死んだら何もかもおしまい。

何もないことが本当の自由としたら、

人はいつか望まなくても

自由を得ることが出来るのである。

(8)

苦手ということは

好きになる要素があるわけで、

苦手だからおもしろいってこともある。

(9)

バカなことは、

小さいとだめなんです。

バカは大きくなければいけない。

スポンサーリンク

(10)

自分の本音の本音を探っていけば、

そこにはきっと正解がある。

悩みは決してなくならないけど、

原因が明確になれば対処はできる。

悩みなんてこじらせていても、

何もいいことなんてないんだから。

(11)

そもそも自分の考えなんて、

鼻くそみたいなもんです。

(12)

あきらめるっていう事は

悟りの一つですから。

(13)

人間は顔じゃない、

というのは嘘だ。

その顔で

どうアプローチしていくかどうかが大切なのだ。

(14)

落語で言うと「枕」の部分を

大事にしないといけないんですよ。

そうしないと興味ない人は

聞いてくれないから。

(15)

人生とは死ぬまでの暇つぶし。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存