もう一度人生を生きれるのなら、私は少なくとも週に一度は詩を読み、音楽を聴く習慣を設けるだろう。チャールズ・ダーウィンの言葉

スポンサーリンク

(1)

無知というのは、

しばしば知識よりも確信に満ちている。

科学によってこれやあれやの問題を

解決することは絶対にできないと主張するのは

きまって知識がない人である。

(2)

ブランデーを飲んで

酔っ払ったことのあるアメリカザルは、

もう二度とそれに手をつけようとはしない。

人間よりはるかに頭がいいということだ。

(3)

最も強い者が生き残るのではなく、

最も賢い者が生き延びるのでもない。

唯一生き残ることが出来るのは、

変化できる者である。

(4)

自然淘汰とは、有用でさえあれば、

いかに小さな事であろうとも、

保存されていくという原理である。

(5)

ある人の友人関係は、

その人の価値を測る

最も適切な物差しのひとつである。

(6)

赤面の表情は、

最も特有で、最も人間らしい感情表現である。

(7)

もう一度人生を生きれるのなら、

私は少なくとも週に一度は詩を読み、

音楽を聴く習慣を設けるだろう。

(8)

誰が正しいか、

ではなく、

何が正しいかが重要だ。

(9)

1時間を無駄に過ごすような人間は、

まだ人生の貴重さを発見していない。

スポンサーリンク

(10)

この理論が受け入れられるのには

種の進化と同じだけの時間がかかりそうだ。

(11)

私には、

他人の指揮に盲目的に従うような傾向はない。

(12)

知性とは、

ある種が生き残るために必要な物事を

どれだけ能率的にこなせるようになるかに基づく。

(13)

わたしには突出した理解力もなく、

超人的な智慧もない。

ただ束の間の事柄に気づき、

それを細かく観察する能力が、

わたしは普通の人よりも優れている。

(14)

楽観は希望の灯台。

それは危険という谷から平坦な道を指し示し、

あなたに新しい生命、

新しい希望をもたらし、

あなたの理想を永遠に支えてくれる。

(15)

人間は自分が神によって

創造された傑作だと信じているが、

それならむしろわたしは

人間が動物によって創造されたと信じる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存