失敗しても、そこには何かが残る。それを拾って帰るのだ。成長するとはそういう事だ。闘将・星野仙一が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

厳しさ7割、優しさ3割。

これが本当の愛情なのだと思う。

(2)

全てはフェアプレーで行われるべきであり、

その上でライバルに優れた点があれば、

率直に認め、学び、吸収せよ。

(3)

失敗してもチャンスはやる。

(4)

夢を夢とするなかれ。

(5)

夢は見るものではない。

実現させるための目標である。

その為に、今何をなすべきかを冷静に考え、

できる事は即座に行動する。

(6)

思いが強ければ強いほど、

勝利に近づいていきます。

(7)

差を埋めるのは技術や戦術じゃない。

気持ちなんだ。

(8)

もし夢に挫折しそうな者がいたら、

あらゆる手段で上を向かせよ。

その為なら鉄拳制裁もやむを得ない。

それこそが真の愛情である。

(9)

いま、子供を叱れない、

生徒を叱れない、

部下を叱れない人がいる。

何やってんの。

叱ることが愛情だよ。

スポンサーリンク

(10)

やるだけやったら、

それでいい。

(11)

自分だけでは

何もできないというのは自覚しています。

(12)

良い、悪いをハッキリしなければならない。

それをせずに、なにかの拍子に

気分で怒るから変なことになる。

(13)

過去のことは

話し合った瞬間に忘れてやるのが

人間関係。

(14)

思ったことをやって

もしそれで恥をかくなら、いいじゃないか。

やらなければ、何も残らない。

そこが大切なのだ。

やって失敗しても、そこには何かが残る。

それを拾って帰るのだ。

人間が成長するとは、

そういう事だと思っている。

(15)

何が起こるかわからん、人生は。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存