人は、他人の時間まで浪費していることがある。ピーター・ドラッカーが残した言葉

スポンサーリンク

(1)

最も重要なことから始めよ。

(2)

未来を語る前に、

今の現実を知らなければならない。

現実からしか

スタートできないからである。

(3)

時間の管理は

継続的に行わなければならない。

継続的に時間の記録をとり、

定期的に仕事の整理を

しなければならない。

(4)

複雑なものはうまくいかない。

(5)

成果をあげるのは

才能ではなく、習慣だ。

(6)

人は、

他人の時間まで

浪費していることがある。

(7)

自分が得意だと

思っていることに溺れるな。

物事の「本質」を

鋭く透察する心を持て。

(8)

人に教えることほど、

勉強になることはない。

人の成長の

助けとなろうとすることほど

自らの成長になることはない。

(9)

自らを

成果をあげる存在にできるのは、

自らだけである。

スポンサーリンク

(10)

仕事のできないことを、

設備、資金、人手、

時間のせいにしてはならない。

それではすべてを

世の中のせいにしてしまう。

(11)

自分の強みを

徹底的に利用すること。

(12)

自由とは解放ではない。

責任である。

(13)

集中のための第一の原則は、

生産的でなくなった

過去のものを捨てることである。

(14)

成果とは

つねに成功することではない。

そこには、

間違いや失敗を

許す余地がなければならない。

(15)

時間は

最も乏しい資源であり、

それが管理できなければ

他の何事も管理することはできない。

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー(Peter Ferdinand Drucker、ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー 、1909年11月19日 – 2005年11月11日)、経営学者。「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。



著:P F ドラッカー, 編集:ジョセフ A マチャレロ, 翻訳:上田 惇生
¥2,218 (2024/06/06 08:11時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存