まず自分ができると信じること。考えるより思ったことをやってみる。できなかったら変えてみればいい。

スポンサーリンク

(1)

明確な目標を定めたあとは、

執念だ。

ひらめきも執念から生まれる。

(2)

時間を浪費するな!

人生は時間の積み重ねなのだから。

(3)

ある人に合う靴も、

別の人には窮屈である。

あらゆるケースに適用する人生の秘訣などない。

(4)

人間でも企業でも

真剣勝負に立たされた時、

何かを掴むものである。

(5)

大切なのは、

私たちがこの世に何年生きるかではなく、

この世にどれだけ価値のあることをするかにある。

(6)

「どんな人だって成功できる」

自分にこの言葉を

何度も言い聞かせ続けていれば、

絶対に成功できるのです。

(7)

人には燃えることが重要だ。

燃えるためには薪が必要である。

薪は悩みである。

悩みが人を成長させる。

(8)

まず自分ができると信じること。

考えるより思ったことをやってみる。

できなかったら変えてみればいい。

それを続けること。

(9)

本気ですれば大抵のことはできる。

本気ですれば何でもおもしろい。

本気ですれば誰かが助けてくれる。

スポンサーリンク

(10)

夢なき者に理想なし、

理想なき者に計画なし、

計画なき者に実行なし、

実行なき者に成功なし。

故に、

夢なき者に成功なし。

(11)

先ず汗を出せ。

汗の中から知恵を出せ、

それが出来ない者は去れ。

生きた知恵は、

汗の中から出るもんや。

(12)

何としても二階に上がりたい、

どうしても二階に上がろう。

この熱意がハシゴを思いつかせ、

階段を作りあげる。

上がっても上がらなくても

と考えている人の頭からはハシゴは生まれない。

(13)

世の中の多くの人は、

少々うまい事いかなくなると途中で諦めてしまう。

本当に物事を成し遂げる為には、

成功するまで諦めない事である。

(14)

なにが一番大事かといえば、熱意やね。

溢れるような情熱、熱意。

そういうものを

まずその人が持っておるかどうかということや。

熱意があれば知恵が生まれてくる。

(15)

強い熱意と情熱に支えられた努力を続ければ、

今日不可能なことも明日は実現できる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存