ポジティブ思考になる30の方法

スポンサーリンク

(1)

私たちは、ポジティブ思考という勉強が、ぽっかり抜けている。

(2)

人間関係に積極的になり、ポジティブになる。

(3)

相手を変えようとすると、うまくいかない。
自分を変えようとすると、うまくいく。

(4)

行動する前に、妄想にふけるのは、やめる。

(5)

「どうせできない」はネガティブになるおまじない。
「何とかなる」はポジティブになるおまじない。

(6)

気持ちはなくていいから、とにかく癖にしてしまう。

(7)

スランプは、休憩する場所であり、成長が振り出しに戻らないための熟成期間。

(8)

あなたに向かってくるストレス・批判・クレームも、すべて前に進むための風。

(9)

ネガティブな人は、複雑に考える。
ポジティブな人は、シンプルに考える。

(10)

難しいことは、シンプルに考え直してから、取りかかればいい。

(11)

ネガティブな人は、部分的にしか見ない。
ポジティブな人は、全体的に見てから部分的に見る。

(12)

丸くなるばかりではいけない。
少しくらいかどがあったほうがいい。

(13)

コンプレックスは直してはいけない。
直したら、普通の人になってしまう。

(14)

初めからできる人は誰もいない。
習得の基本は真似から。

(15)

目先のことだけにとらわれない生き方をする。

(16)

ネガティブな人は成功を求める。
ポジティブな人は失敗を求める。

(17)

うまくいったら、それでよし。
うまくいかなくても、それでよし。

(18)

お金はなくてもいい。
手を挙げる勇気さえあればいい。

(19)

公表しなければ、死んでいるも同然だ。

(20)

タイミングも大切。
それ以上に大切なのは、始める早さ。

(21)

暗い時期は、暗いからこそできる仕事に専念すればいい。

(22)

表と裏はあって当然。
どちらも本当のあなた。

(23)

伝説に残るヒーローほど、物語は悲劇から始まる。

(24)

周りに行儀の悪い人ばかりがいるのだとしたら、素晴らしい反面教師が揃っているということ。

(25)

好きなことだけやっても一生。
嫌いなことだけやっても一生。

(26)

前向きにとらえ、よい方向へ考える。

(27)

自分のことを一番よく知っているのは自分。
自分で自分を褒めればいい。

(28)

幸せは、手に入れることで感じるのではない。
すでに手にしていることで感じるもの。

(29)

ポジティブは、頭で考えるものではない。
顔から作り出していくもの。

(30)

中途半端になるのは、やめる。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存