死に向けて行う作業は、おわびですね。樹木希林の言葉

スポンサーリンク

(1)

死に向けて行う作業は、おわびですね。

謝るのはお金がかからないから、

ケチな私にピッタリなのよ。

謝っちゃったら、すっきりするしね。

(2)

他人と比較しない。

世間と比較しないこと。

比較すると這い上がれないので。

挫折するので。

(3)

人間は自分の不自由さに仕えて成熟していくんです。

若くても不自由なことはたくさんあると思います。

それは自分のことだけではなく、

他人だったり、ときにはわが子だったりもします。

でも、その不自由さを何とかしようとするんじゃなくて、

不自由なまま、おもしろがっていく。

それが大事なんじゃないかと思うんです。

(4)

靴下でもシャツでも最後は掃除道具として、

最後まで使い切る。

人間も、十分生きて自分を使い切ったと思えることが、

人間冥利に尽きるということだと思う。

自分の最後だけは、

きちんとシンプルに始末することが最終目標。

(5)

がんはありがたい病気。

周囲の相手が自分と真剣に向き合ってくれますから。

ひょっとしたら、

この人は来年はいないかもしれないと思ったら、

その人との時間は大事でしょう?

そういう意味で、がんは面白いのよ。

(6)

病を悪、健康を善とするだけなら、

こんなつまらない人生はないわよ。

(7)

人がうれしかったりした時に、

泣くことが多いわね。

悔しい、悲しい、で泣いたことはないわね。

「なんてすてきなことを言うんだ」っていう時に泣けてくるね。

(8)

「あの結婚はすぐにだめになる」って言われていて。

そうすると私はあまのじゃくだから、「そうですかね」と。

今となると、内田さんの方が気の毒だと思う。

変なのにひっかかっちゃったな、って。

私が親だったらそう思う。

(9)

どれだけ人間が生まれて、

合わない環境であっても、

そこで出会うものがすべて必然なんだと思って、

受け取り方を変えていく。

そうすると成熟していくような気がするのよね。

それで死に向かっていくのだろうと思う。

でも人間ってだらしないから、

あんまりいい奥さん、あんまりいい旦那さん、

いい子供で楽だと、成熟する暇がないっていうか。

スポンサーリンク

(10)

「自由」っていうと格好が良すぎるけど、

「責任がない、勝手」ていう感じかな。

この作品の責任を取ろうと思うととても大変なんだけど、

責任を取ろうと思わないから、すごく勝手なの。

それが結果的に自由に見えるのかも。

「予定調和にならない」というところは、

私の生きてきた環境、出会いがそうしたのかな。

(11)

(美しさ、醜さについて)

それはその人から見て、

美しければ美しく、醜ければ醜いし。

だってあんなに顔を引っ張ってしわを伸ばしたって、

その人は「美しい」と思ってやっているけど、

「変なの」って思う人もいるし。

すべてそうじゃないですか。

(12)

やったことがほんのわずかだもの。

やり残したことばっかりでしょう、きっと。

一人の人間が生まれてから死ぬまでの間、

本当にたわいもない人生だから、大仰には考えない。

(13)

あのね、

年をとるっていうのは本当におもしろいもの。

年をとるっていうのは

絶対におもしろい現象がいっぱいあるのよ。

だから、若い時には当たり前にできていたものが、

できなくなること、ひとつずつをおもしろがってほしいのよ。

(14)

私、とにかく今、

一人でやっているでしょ。

ここに来るのも一人、何をするのも一人。

誰かに頼むとその人の人生に責任を持てないから。

(15)

「自分がいつまでも」っていうことが

美しいと思っているなら、

この世の中に排除されたらつらいでしょうけど。

それが普通だと思っていたら、

排除されるっていうことはひとつもいやじゃないわよ。

(16)

みんなね離婚してね、

次にいい人と出会ってるつもりでいるけど、

似たようなもんなのね。

ただ辛抱が効くようになっただけで。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存