落ち込まない生き方をする30の方法

スポンサーリンク

(1)

他人と過去を変えようとするのではなく、

自分と未来を変えようとする。

(2)

勝ち負けを気にするのはやめて、

楽しむことに集中する。

(3)

不得意に目を向けるのはやめる。

得意に目を向ける。

(4)

人からの厳しい言葉は、

批判・悪口ではなく、助言・激励として受け止める。

日頃の意識を変えるだけでいい。

心の準備をしておいてください。

(5)

失敗したときは「失敗した」と考えるのではなく

「ヒントを得た」と考える。

どんな失敗も必ず「学べること」がある。

(6)

スピードを出して、何事もてきぱき動く。

落ち込みたくないなら、スピード感が大切。

(7)

弱みを克服するのではなく、

強みを伸ばしていく。

(8)

強気・前向きの心になる。

叶えたいことがあるなら、

どんどん自分から動いていくこと。

虚勢でも演技でもいい。

(9)

低下や停滞には目を向けない。

成長や向上に目を向け、

自分の高まりを実感する。

スポンサーリンク

(10)

「最初からうまくいく」と考えるのではなく

「最初はうまくいかないもの」と考える。

(11)

夜より昼に活動する。

落ち込みそうになったら、明るい光を浴びる。

(12)

簡単なことから始める。

(13)

あなたがするべきことは、

他人になろうとすることではなく、

自分になること。

(14)

重く受け止めるのは、

重い出来事だけにする。

ちょっとしたことは、

どんどん積極的に軽く受け流す。

重大なことだけ深刻に受け止めれば十分。

(15)

自分を好きになる。

(16)

いつもにこにこした表情を心がける。

ちょっとでも面白おかしいことがあれば、すぐ笑う。

(17)

やるべきことは、

余計な先送りをせず、今すぐ取りかかる。

(18)

何事もよいほうに考える癖をつける。

わざわざ悪いほうに考えない。

(19)

孤立するのではなく、孤独になる。

孤独は、

人とのつながりを保ちつつ、

ポジティブに1人を楽しむ状態のこと。

(20)

落ち込むことに触れなければ、

気分が沈むこともありません。

最初から避けてください。

近づいてきたら逃げてください。

無理に関わったところで、

不快なストレスで落ち込むだけ。

(21)

過剰な自信は持たず、

謙虚な自信を持つようにする。

(22)

怒るのではなく、叱るようにする。

最大の違いは

「理性を保てているかどうか」

(23)

いい人になるのはやめて、

正直な人になる。

(24)

「落ち込んではいけない」ではなく

「たまには落ち込んでもいい」と考える。

(25)

変化を受け入れ、

変わり続けていく。

(26)

ピンチになったら

「さあ、これからだ」と気合を入れ、

火事場のばか力を発揮する。

(27)

早めの就寝を心がけ、

毎日十分な睡眠を取るようにする。

(28)

「年を取る」ではなく

「年を重ねる」という表現で、落ち込みを防ぐ。

(29)

夢や生きがいを持って生きる。

(30)

不足に目を向けず、感謝に目を向ける。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存