どんなに人生がひどいように思えても、いつだってできることはある。命があれば希望はあります。

スポンサーリンク

(1)

足元を見るのではなく、

星を見上げること。

(2)

仕事を決してあきらめないこと。

仕事は意味と目的を与えてくれる。

仕事がなければ人生は空虚だ。

(3)

幸運にも愛を見つけることができたなら、

その存在を忘れず、

投げ出さないこと。

(4)

あなたがうまくできることに集中し、

何ができないかを無念に思わないこと。

(5)

どんなに人生がひどいように思えても、

いつだってできることはあり、

うまくやることもできる。

命があれば希望はあります。

(6)

死は怖くないが、

早く死にたいとは思わない。

やっておきたいことがまだ山ほどある。

(7)

行き詰っても、

逆上してはいけない。

何が問題かを考え、他の方法を試す。

前に進む道を見つけるのに

何年もかかることもある。

(8)

今の仕事を好きになれないのでは

違う仕事に就いても好きになれない。

今の仕事に一生懸命になれないのでは

違う仕事でも一生懸命になれない。

今の仕事を好きになって

一生懸命やったとき

次なる道が見えてくるものだ。

(9)

人は、

人生が公平ではないことを悟れるくらいに

成長しなくてはならない。

そしてただ、

自分の置かれた状況のなかで、

最善をつくすべきだ。

スポンサーリンク

(10)

ユーモアがなければ、

人生は悲劇になってしまう。

(11)

全てが運命で決まっていて、

何も変えることはできないと主張する人でさえ、

道路を渡るときには左右を確認する。

(12)

私が人生で学んだことは、

自分が今持っている力を全部使え

ということです。

(13)

人生が難しくみえるかもしれない。

しかしあなたには

常に成し遂げられることがあることを

忘れてはいけない。

大事なのは諦めないことです。

(14)

間違っても気にする必要はない。

この世に完璧なものなんてないんだから。

(15)

私は成長しない子供なんだ。

「どうして」とか「なぜ」といった質問し続けている。

そして、たまに、答えを見つけるんだ。

― スティーヴン・ホーキング(理論物理学者, 1942 – 2018)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存