恨みを抱くな。大したことでなければ、堂々と自分のほうから謝ろう。頑固を誇るのは小人の常である。

スポンサーリンク

(1)

人生にはどうしても必要なことが3つある。

それは夢と、ロマンと、反省だ。

人間はこの3つを持っていないと上手くいかない。

(2)

自分の欠点を直視し反省することです。

ただし後悔してはいけません。

(3)

終わったことは振り返り反省するだけ。

今からのことを考えるのが、

いちばん重要なことです。

(4)

反省する人は、

きっと成功する。

(5)

思いやりが足りない人ほど

相手に思いやりを求める。

自分の言葉が

相手を傷つけていないか、

まず反省してみる事。

(6)

勝って反省は理想だが、

人はいつかは負ける。

場合によってはしょっちゅう負ける。

「負けて学べるか」が、

成長する者とそうでない者とを隔てる。

(7)

「まあ、しょうがない」と思うだけでは、

しょうがないだけの人生で終わってしまう。

(8)

他人の良いところは認め、

自分の悪いところを反省できる人になろう。

(9)

できなかった時は

他人のせいにしないで、

自分のせいにしなさい。

スポンサーリンク

(10)

うまくいかなくても、

それをどう反省して次に繋げていくかが

いちばん大切だよ。

(11)

君が教訓を学んだ相手は

君を賞讃し、親切をほどこし、

味方になってくれた人々だけだったのか?

君を排斥し、論争した人々からも

大切な教訓を学ばなかったのか。

(12)

裕福になっても

貧しいときのことを忘れてはならない。

(13)

もし自分の行為を反省して

「いかん、あれは大失敗だった。

ついカッとなって、

怒らせなくてもよい人を怒らせてしまった。

もっとよく考えてから話せばよかった」と

素直に認める勇気があるなら、

災いを転じて福となすことができる。

(14)

恨みを抱くな。

大したことでなければ、

堂々と自分のほうから謝ろう。

頑固を誇るのは小人の常である。

(15)

自分の過ちを認めることほど難しいものはない。

事態を解決に導くには、

素直に自分の落ち度を認めるのが

何よりである。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存