前向きな失敗ならどんどんすればいい。失敗するから反省があり、反省があるからまた成功に一歩近づけます。

スポンサーリンク

(1)

忙しい毎日を送っていると、

つい自分を見失いがちである。

そうならないためにも、

意識して反省をする習慣をつけなければならない。

(2)

失敗したら「海よりも深く」反省をして、

あとは忘れてしまいなさい。

楽しいことや、

やらなくてはいけないことを考えるのです。

(3)

生きている人間に価値があるのではない。

その変化にこそ、価値があるのだ。

(4)

人は、

いろいろ失敗をして、反省をして、

改めて、を繰り返しながら、

成長していくのだと思います。

(5)

実践のあとで、

想像と実践の間に差が出た

理由を考えるのが「反省」です。

(6)

自ら新しい世界に挑み、

失敗、反省、勇気という

3つの道具を繰り返して使うことによってのみ、

最後の成功という結果に達することができる。

(7)

大きな失敗をしたときは、

くどくど叱るようなことはしません。

本人が一番よく分かっていて、

反省もしているからです。

しかし、

小さな失敗、

いい加減さから生まれた過ちを放置すると、

必ずあとで大きな痛手につながります。

(8)

私は毎晩、

眠る前に布団の中で、

その日一日の言動を思い出して

反省するようにしています。

きついことを言いすぎていなかったか、と。

(9)

一日一日を精一杯働き、

その結果について反省するのはいいが、

クヨクヨ考えるのはよそう。

スポンサーリンク

(10)

早送りしたくなるくらいの大失敗があったって、

後から、

巻き戻したくなるような大事な経験になれるように、

「日常」っていうのを、

大事にしなくちゃいけないのよね。

(11)

ときには失敗することもあるでしょう。

ただ、

前向きな失敗ならどんどんすればいい。

失敗するから反省があり、

反省があるからまた成功に一歩近づけます。

(12)

「イライラ」「クヨクヨ」は

朝しましょう、と言いたいですね。

(13)

なぜ失敗したのかを考えて

反省するのもいいですが、

そればかりでは気持ちが沈んでしまいます。

よくよく見れば良い点も必ずあるはず。

成功ポイントを分析すれば、

次につながるアイデアも出やすくなります。

(14)

失敗は失敗と認めること。

そのなかにこそ、

成長の芽があるのだと思います。

(15)

反省ある人生を送ることにより

自分の欠点を直すことができ、

人格を高めることができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存