気楽に生きる考え方

スポンサーリンク

(1)

間違っても大丈夫。

誰でも最初はわからない。

(2)

失敗したときは、

「いい経験ができたなあ」と声に出そう。

(3)

「なければならない」

という考え方をやめよう。

(4)

前向きな言葉を口にする習慣は大切。

肯定も否定も、

自分に言い聞かせることになる。

(5)

学んでから挑戦するのではない。

いきなり挑戦をして、失敗から学ぶ。

(6)

「いいね」という言葉は、

気楽に生きるための言葉。

(7)

「まあいいか」と肯定すれば、

肩の荷が下りる。

(8)

朝食をしっかり食べるから、

生活がうまくいく。

(9)

かっこ悪いことをしたほうが、かっこいい。

失敗談には、

笑いがあり、温かさがあり、人間味がある。

(10)

たまにはサボろう。

(11)

甘え上手が、世渡り上手。

きっと誰かが、手伝ってくれる。

(12)

人生、なんとかなるもの。

私たちは、大げさに考えすぎている。

(13)

気楽に生きるとは、

だらだらした生活のことではない。

気楽と怠けを、勘違いしないように。

(14)

先に予定を立ててしまう。

予定があるから、行動できる。

スポンサーリンク

(15)

午後からの仕事に集中できないのは、

昼寝をしていないから。

(16)

敵をつくらず、

味方を増やす生き方をしよう。

(17)

「だめでもともと」と考えれば、

気楽になれる。

(18)

大切にしているものがだめになったら、

もっと素晴らしいものを見つければいい。

(19)

人間関係に疲れたら、

1人になるようにする。

(20)

皆と違っていても、大丈夫。

(21)

正直が、気楽に生きるコツ。

(22)

失敗しても、

笑ってごまかせばいい。

(23)

つまらない仕事を、

知恵と工夫で面白く変えよう。

(24)

気楽になるコツは、捨てること。

物が減り、掃除の時間が減れば、

自分の時間が増え、人生が豊かになる。

(25)

「おかげさまで」と感謝すれば、

人間関係は必ずよくなる。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存