正負の法則

スポンサーリンク

目の前に1枚の紙があります。

あなたが紙の片面を

「こちらが表」と定義するとき、

同時に「裏」が生まれます。

あなたが「生」まれたとき、

同時に「死」が生まれました。

あなたが何かを「美しい」と思ったとき、

同時に「醜い」ものも頭の中に生まれました。

もし世界に、

「男性」がいなければ

自分が「女性」だとはわからない。

「善-悪」

「強-弱」

「高-低」

「勝ち-負け」

「出逢い-別れ」

それらは別々のものではなく、

すべてワンセットであり

互いに支えあっている。

凍える寒さを経験した人は、

日差しの暖かさを知っていて、

病気を経験した人は、

健康への感謝を知っていて、

飢えを経験した人は、

一膳のご飯の美味しさを知っていて、

孤独を経験した人は、

絆の大切さを知っていて、

絶望を経験した者は、

希望のありがたみをよく知っている。

でも、

自分の弱さを認められない人は、

他人の弱さを受け入れることもできず、

自分の弱さがわからなければ、

自分の強さにも気づくことができないのです。

光が美しく輝くことを支えているのは

「闇」であり、

光が存在できるのは闇がそこに在るからです。

あなたの光の部分を引き出すために、

まず闇の部分を受け入れましょう。

これは闇を好きになれという意味ではありません。

好きになるのと存在を認めるのとでは

まったく違います。

長所(光)と短所(闇)両方あるからこそ

この人なんだと認めてあげること。

自分のダメなところ、カッコ悪いところは

素直に認めればよいのです。

そうやって、

プラスもマイナスも両方を受け入れ

それでよいのだと自分を許してあげると

心の余裕が生まれる。

心に余裕が生まれると、

そのマイナスの欠点から

魅力的な人間力がにじみ出てくる。

そうなれば

人はどんどん活き活きと輝いてくるのです。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存