人生は音楽である。音楽家 モーツァルトの言葉

スポンサーリンク

(1)

 

わずかの違いを大切に。

 

 

(2)

 

人生とは

これ汚濁であり、

これを洗浄する行為だ。

 

 

(3)

 

オリジナルな曲を書こうなんて、

これっぽっちも考えたことはない。

 

 

(4)

 

私は生涯で一度も、

独創的なメロディーを作ったことがない。

 

 

(5)

 

死が

まことの幸福への鍵と見極めるための幸運と

機会をくださった神に感謝しています。

 

 

(6)

 

音楽は決して

耳ざわりであってはならない。

むしろ耳を

満足させ楽しみを与える、

つまり常に

「音楽」でなくてはならない。

 

 

(7)

 

みなさんが

私に認めてくれる才能は、

あるお守りの

おかげだと思っています。

そのお守り、それは勉強です。

 

 

(8)

 

もっとも

生意気な人間に

絶好のチャンスがある。

 

 

(9)

 

相手の振る舞いに合わせて、

わたしも彼らに接している。

わたしを見下し、

小ばかにする人がいれば、

わたしは得意満面に振る舞うだろう。

 

 

スポンサーリンク

(10)

 

わたしは何事も

最後までやり遂げる人間だ。

 

 

(11)

 

本当にわたしは

怠けることが嫌いで、

働くことが好きなんだ。

 

 

(12)

 

私は詩人ではないので、

詩的に書くことはできません。

私は光と影を投げる

芸術的なフレーズを作れません。

私は画家ではないからです。

私はパントマイムでも

私の考えや感情を表現することはできません。

なぜなら私はダンサーではないからです。

私はトーンで表現することができます。

私はミュージシャンだからです。

 

 

(13)

 

音楽において

もっとも不可欠で

もっとも難しく、

主要な事柄はテンポだ。

 

 

(14)

 

馬車で旅をしているとき、

または美味しい食事のあとの散歩、

またはねれない夜、

そんな時はアイデアが

豊富に湧き出てくるのさ。

 

 

(15)

 

音楽は自らの人生であり、

人生は音楽である。

このことを理解できない人は、

神に値しない。

 

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト(ドイツ語:Wolfgang Amadeus Mozart、1756年1月27日 – 1791年12月5日)、主に現在のオーストリアを活動拠点とした音楽家。ハイドンやベートーヴェンと同じく古典派音楽・ウィーン古典派を代表する人物。7歳のときフランクフルトで演奏した際に作家のゲーテがたまたまそれを聴き、そのレベルは絵画でのラファエロ、文学のシェイクスピアに並ぶと思ったと、のちに回想している。

 


 

Avex Classics
¥2,465 (2024/06/12 18:40時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存