楽観よし悲観よし。悲観の中にも道があり、楽観の中にも道がある。

スポンサーリンク

(1)

あなたに影の部分があるなら、

それは光が当たっている証拠よ。

(2)

自分の悪いところは全部個性になるし、

人生で犯してきた間違いが魅力になるの。

(3)

夢を追って失敗してもいいじゃない。

それでも何とかなるものよ。

(4)

精神にとって、

休閑期は種まき時と同じように重要だ。

肉体だって耕作しすぎたら疲れてしまう。

(5)

時々、機会を見つけて外出しなさい。

そして、リラックスしよう。

(6)

人生は芝居のごとし、

上手な役者が乞食になることもあれば、

大根役者が殿様になることもある。

とかく、あまり人生を重く見ず、

捨て身になって何事も一心になすべし。

(7)

今日この日を

ありがたく思えれば十分だわ。

これは誰にでもできること。

(8)

どんな日であれ、

その日をとことん楽しむこと。

(9)

日々のちょっとした喜びを大切にし、

足元の現実を少しずつ積み重ねていくことが、

明るい未来につながっていくんだ。

スポンサーリンク

(10)

疲れた人は、

しばし路傍の草に腰を下ろして、

道行く人を眺めるがよい。

人は決してそう遠くへは行くまい。

(11)

苦労から抜け出したいなら、

肩の力を抜くことを覚えなさい。

(12)

自分の欠点を直視し認めることです。

ただし欠点に振り回されてはいけません。

(13)

悩みはあって当たり前。

それは生きている証であり、

常に反省している証拠でもある。

(14)

楽観よし悲観よし。

悲観の中にも道があり、

楽観の中にも道がある。

(15)

せめて自分ぐらい、

自分を褒めて認めてあげないと、

自分が救われない。

自分の味方になれるのは自分だけ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存