挫折と希望の積み重ねが、生きるってことじゃないか。

スポンサーリンク

(1)

強い人になるには、

たくさんの挫折が必要です。

優しい人になるには、

何度もの哀しさが必要です。

(2)

挫折はね、

人生の宝物なんですよ。

(3)

挫折は過程、

最後に成功すれば、

挫折は過程に変わる。

(4)

一見すると、回り道や挫折に思えても、

そのつまずきこそが、

その人にとっての付加価値に転化する場合もある。

(5)

「困難」は挫折するためにあるんじゃない。

克服するためにあるんだ。

できないって自分で決めちゃ、

なにもできない。

(6)

挫折は言うてみりゃ心の捻挫たい。

時がたてば治るもんたい。

「励まし」いうシップば貼ると治りも早か。

(7)

挫折のない人生はない。

いや、

挫折は人間を大きくする肥料でもある。

(8)

失敗は失敗として、

簡単に挫折することはない。

失敗の分析は、

貴重なノウハウとなって残るのだから。

(9)

表面的には

失敗・挫折・不運のように見えることも、

全て自分の成長のために用意されている

順調な試練である。

スポンサーリンク

(10)

挫折と希望の積み重ねが、

生きるってことじゃないか。

(11)

傷ついたり、

とことん挫折した時って、

人間、結構強い。

人間すべて失くした時が一番強い。

すべてを失ったら、

もう前に進むしか道はないから。

(12)

挫折は、

いわば新しい出発の節目である。

(13)

失敗から成功を生み出すのです。

挫折と失敗の2つは、

間違いなく、成功への足がかりなのですから。

(14)

いいときが楽しいのは当たり前。

良くないときも、

それはそれで楽しみたい。

(15)

長い目で見れば、

不幸なことが人生の肥やしになる。

逆境を肥やしにした人間だけが

栄光をつかむことができる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存