元気を出したい時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

人を助けると、自分の心も助けられる。

人を元気にすると、自分も元気が湧いてくる。

人を幸せにすると、自分も幸せな気持ちになれる。

幸せにも、作用反作用の法則がある。

(2)

天は自ら助くる者を助く。

自分で自分を助けようとする精神こそ、

その人間をいつまでも励まし、元気づける。

自分に対して「最良の援助者」になれ。

(3)

笑いは元気の特効薬です。

心の中がマイナスの感情でいっぱいになった時こそ、

そういう感情を笑い飛ばしてしまいましょう。

(4)

から元気も元気のうちだ!

そのうち本当の元気と取り替えればいい。

(5)

行き詰ってしまって、

勢もすぼまり、意気上がらぬ、

どうにもこうにも

ぺしゃんこになってしまった人間は、

そこでへこたれず、

元気であった初心をたずねるがよろしい。

そうすれば、また新しく出かけることができる。

(6)

楽しむことが

成功への一番の近道である。

(7)

楽観的でエネルギッシュな人と、

悲観的で元気のない人。

脳の消費するエネルギーを見ると、

大して変わりません。

(8)

元気を出し、勇気を奮い、夢を持つ。

環境が厳しくなるほど元気・勇気・夢を

どれだけ持てるかで差が出てきます。

(9)

人と会話する時、

やる気の出る言葉、

元気が出る言葉を頻繁に使いなさい。

スポンサーリンク

(10)

元気になれ、

がんばれというメッセージが多すぎる。

みんなが毎日ハイになることないやんか。

元気がない人もいてええんや。

(11)

さあ、元気を出して行動に打って出よう、

どのような運命にも立ち向かう勇気を持って。

(12)

人とは逆境のときこそつきあえ。

相手が順風満帆のときには、

こちらから出かけていく必要はない。

しかし、

ひとたびピンチに立たされているときは、

進んで出かけていって励まし、

元気づけなければならない。

(13)

くちびるに歌を持て。

そうすりゃ、

何がこようと平気じゃないか!

どんなさびしい日だって、

それが元気にしてくれる。

(14)

外部からの援助は人間を弱くする。

自分で自分を助けようとする精神こそ、

その人間をいつまでも励まし元気づける。

(15)

知恵がある奴は知恵を出そう。

力がある奴は力を出そう。

金がある奴は金を出そう。

「自分は何にも出せないよ」

っていう奴は元気出せ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存