どんなに親しくても甘えすぎてはいけないし、甘やかしすぎてもいけないのです。江原啓之の言葉

スポンサーリンク

(1)

人には言えないような

苦しみが襲ってきたとしても

不安にならないで

あなたに

乗り越えられないことはやってきません。

(2)

誰にも理解されない

とふてくされてはいけません

あなた自身がまずあなたを理解し

一番の味方になることが大事なのです。

(3)

難しい話をしているときほど

明るい笑顔や声が大切になります

深刻そうにしていたら

相手も受け入れづらくなってしまうからです。

(4)

もっと心の変化に敏感になって

迷いの答えも、

実はあなたの心は知っています。

(5)

どんなに親しい間柄でも

甘えすぎてはいけないし

甘やかしすぎてもいけないのです。

(6)

行動を起こす際に迷うことがあったら

それは大我か小我かを見つめ直してください。

自分のことを守りたい

という想いがあるうちは小我、

誰かのために行動しようと思えるなら大我です。

(7)

つらいことがあっても

道半ばで諦めないでください

人生はいつからでもやり直しがききます。

(8)

つつがない人生より

波瀾万丈の人生のほうが

魂にとっては大きな学びになるのです。

試練を恐れないでください。

(9)

この道がダメなら、

こういう生き方もいいと考えられる

柔軟性を持つ。

スポンサーリンク

(10)

どうしてこんなひどい人と

出会ったんだろう?と

釈然としない出来事があるかもしれません。

まず、

あなた自身の

波長が低くなっていないかを

よく分析してください。

(11)

自分のなかの

「天使」と「悪魔」が

せめぎ合う瞬間は誰にでもあるものです。

誰も見ていないからいいや…と

思うかもしれませんが

守護霊はいつでも見ています。

(12)

努力してこなかった自分を棚に上げて

「必然だからこれもしょうがない」

と諦めてはいけません

やれるだけのことをしてきましたか?

(13)

あなたに意地悪してくる人がいても

相手にしすぎないでください

その人は、

幸せではないのです

心が寂しいのです。

(14)

転んで鼻血を出してもいい

思いっきり泣いてもいいのです

喜怒哀楽を味わい、

経験を積むことを通して

たましいは磨かれていく。

(15)

どんなに孤独に思えるときでも

人は本当にはひとりにはなれません

守護霊はいつも

あなたを見守っているのです

“自分自身”のことでもあるからこそ

あなたから目を離すことはしないのです。

江原啓之(えはら ひろゆき、1964年12月22日 – )、日本の男性作家、オペラ歌手(バリトン)。元神職。ワタナベエンターテインメント所属。



著:江原 啓之
¥1,320 (2024/06/16 04:16時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存