結婚生活に疲れたときの言葉

スポンサーリンク

(1)

結婚生活に疲れるのは、誰にでもあること。

改善を試みることなく放置していると、

倦怠感がどんどん悪化していく。

改善に挑戦することが大切。

(2)

結婚生活にも、いろいろな形がある。

ほかの夫婦や自分の両親にとらわれないこと。

(3)

結婚生活に疲れたら、

パートナーの尊敬できるところを見つける。

(4)

大々的な部屋の模様替えが、

結婚生活を新鮮にさせる。

部屋の雰囲気は、

気づかないうちに住む人の心に影響を与える。

(5)

完璧な結婚生活を目指さないのが、

完璧。

(6)

煩わしい言葉は、

適度に聞き流してもいい。

ストレスをためすぎないようにしよう。

(7)

厳しくなりすぎてはいけない。

優しくなりすぎてもいけない。

適度を心がけ、

バランスよく両立させることが大切。

(8)

最初からベストな選択をするのではない。

少しずつ変更しながら、

ベストに近づけていけばいい。

(9)

理解しようとしない人は、理解されない。

理解しようとする人が、理解される。

まず相手を理解することから始めよう。

(10)

結婚生活は長い。

長い距離を走るときは、

最初から完全な全力ではなく、

マイペースの範囲の全力を心がける。

(11)

結婚生活の悩みは、

誰に相談するかが大切。

相談するなら、

プライバシーをしっかり守ってくれる相手が適切。

(12)

落ち込んでいても、

むかむかしても、

挨拶だけは続けよう。

(13)

結婚生活に疲れたら、

今、手にしている幸せを考えてみる。

ほかの人と比較するのではなく、

すでに手にしているものを思い出し、感謝する。

(14)

結婚生活に疲れて

どうしていいかわからないときは、情報収集。

グダグダと情報収集するだけでも、前向きな行動。

何もしないよりは、ずっと建設的です。

スポンサーリンク

(15)

ゲームやテレビと接する時間を減らし、

家族と向き合って話をする時間を増やす。

(16)

愛情を持って接しないと、

うわべだけの人間関係になる。

いま一度、

自分が愛情を持って家族と接しているか、

しばらく考えてみよう。

(17)

面倒と思いながらやると、

ますます面倒になる。

(18)

区切りをしっかり祝わないと、

生活がだらけやすい。

人生の大切な区切りは、

無意味と思わず、しっかり祝おう。

(19)

言葉遣いが乱暴になると、

結婚生活に疲れやすくなる。

相手を大切に思うなら、

言葉遣いも丁寧にすることが大切。

(20)

たまにはいい夫・いい妻を休む日もあっていい。

疲れている日は、

お休みをする日があっても、ばちは当たらない。

(21)

幸せな結婚生活のために貯金するのもいいが、

時には使うことも大切。

たまには貯金を忘れる日を作り、贅沢を楽しむ。

(22)

同じ話を何度もされるのは、

相手の話をきちんと聞いていない場合が多い。

「しっかり聞いてもらった」という感覚があれば、

同じ話を繰り返すことがなくなる。

(23)

家族内に褒める習慣がないと、

親しい関係でもだらける。

家族内でも褒め合う関係を作り、習慣づける。

(24)

何のためにそれをするのか。

答えは1つ。

家族だから。

(25)

家族の問題は早めに改善しておかないと、

後になるにつれて、解決が難しくなる。

(26)

たまには家の中でもおしゃれをすると、

新鮮な雰囲気がよみがえる。

(27)

結婚してからも、自分磨きは必要。

最も手軽な方法は、本を読むこと。

(28)

近所付き合いは、

自分にとって適度な距離感が重要。

(29)

口論をしていらいらしても、

部屋のドアを強く閉めない。

(30)

結婚生活の困難は、

1人で乗り越えるのではなく、

一緒に越えるもの。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存