理解しようとする心遣い

スポンサーリンク

(1)

すべての喧嘩の原因は

「理解不足」から生まれる。

(2)

理解不足の人に限って、

自分ばかりが話している。

(3)

相手を見下した

言葉遣いになっていないか。

(4)

「対立」は喧嘩に発展し

「共存共栄」が平和につながる。

(5)

道を譲る人に、

喧嘩はない。

(6)

年下の人でも、

命令形を

使わないようにしよう。

(7)

トラブルなしの人生は、

話を聞くことから始まる。

(8)

自分のことを分かってもらうより、

相手のことを

分かってあげることを優先させる。

(9)

喧嘩をしない人は

「自分が原因かもしれない」と考える。

スポンサーリンク

(10)

小さなうちから

ストレスを吐き出しておく。

(11)

喧嘩を吹っかけられても、

とにかく

徹底的な聞き側に回ること。

(12)

お金を借りることも

貸すことも、やめる。

(13)

自分のことを考えるように、

相手のことも考える。

(14)

「正しい」「間違っている」に、

こだわりすぎない。

(15)

偉くなればなるほど、

礼儀正しくなろう。



自由国民社
¥1,540 (2024/05/22 12:05時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存