穏やかな人になる方法

スポンサーリンク

(1)

落ち着きは、穏やかな人になるための必須条件。

(2)

余裕は、自然とできるものではなく、意識をして作るもの。

(3)

余裕のある時間の使い方を心がける。

(4)

柔らかい言葉と態度を心がける。

(5)

食べ方・話し方・歩き方は、ゆったりとした動作を心がける。

(6)

穏やかな人とは「社交的な人」という意味ではない。
人付き合いが苦手でも、穏やかになることは可能。

(7)

すべての人と仲良くしなくていい。
自分と合わない人とは、距離を置いていい。

(8)

愉快のときも不愉快のときも、大声を出さない。

(9)

呼吸と精神状態には、密接なつながりがある。
呼吸を整えると、感情が落ち着く。

(10)

短気を直して、寛大な優しさを心がける。

(11)

穏やかな人は、いつも明るい未来をイメージしている。

(12)

受け止める力より受け流す力。

(13)

穏やかだから、明るい表情になるのではない。
明るい表情をするから、穏やかになる。

(14)

穏やかな人は、話すことより、聞くことに力を入れる。

スポンサーリンク

(15)

愚痴や悪口を言っているかぎり、穏やかな人になるのは不可能。

(16)

嫌なことは、いらいらするものではなく、楽しむもの。

(17)

穏やかな人は、朝食を抜かず、きちんと食べる。

(18)

カルシウムは、穏やかな人になるための栄養素。

(19)

他人と比較する癖があるかぎり、穏やかにはなれない。

(20)

穏やかな人は、常にマイペースを大切にしている。

(21)

優劣や勝ち負けを意識しない。
ひたすら楽しむことに集中しよう。

(22)

「いらいらしたら損」と思うくらいで、ちょうどいい。

(23)

穏やかな人は「ストレス解消も仕事の1つ」という考え方がある。

(24)

短期的・部分的に考えると、心が狭くなる。
長期的・全体的に考えると、心が広くなる。

(25)

1人で静かに過ごす時間を通して、穏やかになっていく。

(26)

不足を嘆く習慣は、不幸になる習慣。
現状に満足する習慣は、幸せになる習慣。

(27)

普通や当たり前に感謝する習慣が、穏やかな性格を作っていく。

(28)

頑固になっているかぎり、穏やかな人にはなれない。

(29)

時間を忘れる時間が、穏やかな性格を作っていく。

(30)

年齢が高くても、大人の行動ができない人がいる。
年齢が低くても、大人の行動ができる人もいる。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存