「がんばれよ」と、僕は言いたかった。でも、この言葉は全員の前で言う言葉ではない。たった一人のために言う言葉だと僕は思う。萩本欽一の言葉

スポンサーリンク

(1)

人は誰しも同じ分だけ「運」を持ってるの。

不運だけとか幸運だけの人生なんてあり得ない。

不運の後には、必ず幸運がやってくる。

だから嫌なことやつらいことがあったら、

「ラッキー」って思わなきゃ。

次は必ず運がまわってくるんだから。

(2)

運は正面から来ない。

必ず後ろから来る。

(3)

「つらいなぁ」というのは大きな運をつかむ予兆だと思う。

そこを逃げずに踏ん張ることが大事なんだ。

(4)

人生は運動会でしょ。

一番になる人は、

一番辛い思いをした人なの。

(5)

新しいことをすると必ず失敗する。

それがいいんです。

(6)

夢には一直線に向かうな。

回り道が大事なんだ。

(7)

「がんばれよ」と、僕は言いたかった。

でも、この言葉は全員の前で言う言葉ではない。

たった一人のために言う言葉だと僕は思う。

(8)

心のこもった言葉を、

たった一人の人に向かって言う。

そこに思いやりや温かな空気が生まれる。

(9)

悪いことがあったら

落ち込んで泣いて受け入れろ。

人生とはそういうもんだ。

スポンサーリンク

(10)

自分のためだけだと、つらくなると、

やめてしまうでしょ。

でも、たとえば命の恩人やお世話になった人に

お返しをしたいと思ったら、

途中で投げ出せないよ。

(11)

天才と呼ばれていた人よりも

才能がないと言われていた人のほうが成功している。

だから、「才能がない」と言われてむしろ嬉しかった。

(12)

3年じゃ、所詮は人と同じ程度のものしか身につかない。

本気で何かを成し遂げようと思ったら、5年は辛抱しなきゃ。

(13)

「なりたい」じゃなくて

「なる」という前提で人生を過ごしなさい。

(14)

幸せに正解なんかあるはずがない。

みんながそれぞれに、

幸せのアドリブを演じていけばいい。

そしてそれを互いに認め合えばいい。

(15)

何でもハッキリ言うことばかりが良しとされる。

それが心を追い詰めていく気がする。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存