行き詰った時は、整理整頓。棋士 羽生善治の言葉

スポンサーリンク

(1)

守ろう、守ろうとすると後ろ向きになる。

守りたければ攻めなければいけない。

(2)

ハートで考えるという概念が

とても好きです。

(3)

難しい問題に対して、

わからないと思いながら考え続けた根気。

ずっと我慢して費やした時間。

そうしたことがプロとして

育っていくことを助けたのではないか。

(4)

将棋に限らず何事でも

発見が続くことが楽しさ、

おもしろさ、幸せを継続させてくれる。

(5)

仕事に行き詰った時は

整理整頓。

(6)

仕事の醍醐味とは情熱を持続すること。

結果ではなく

内容からおもしろさを発見すること。

誇りと責任を持つこと。

(7)

欠点を裏返すと、

それがその人の

一番の長所であったりする。

(8)

相手の意図を考えることから

駆け引きは始まる。

(9)

簡単な達成感でも

積み重ねることによって

自信がついてくる。

スポンサーリンク

(10)

冷静でいられるか。

客観的でいられるか。

焦らないでいられるか。

(11)

今努力しても

突然強くなるということはありません。

反対に努力しないからといって

突然弱くなるということもありません。

(12)

将棋に限らず何事も幅広く、

そして世間のペースでなく、

自分のペースでものを考えたい。

(13)

温存しとこうとか、

あとで使おうというのはダメで、

今持っている力は

早く使い切ったほうがいい。

(14)

人間にはふた通りあると思っている。

不利な状況を喜べる人間と喜べない人間だ。

(15)

役に立たないとか

意味がないと思っていることのほうが

むしろ重要なんじゃないか。

羽生善治(はぶ よしはる、1970年〈昭和45年〉9月27日 – )、日本の将棋棋士。永世竜王、十九世名人、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将、永世棋聖の資格保持者、および名誉NHK杯選手権者の資格保持者。二上達也九段門下。棋士番号は175。国民栄誉賞受賞者。



著:鈴木 忠平
¥2,200 (2024/06/18 16:47時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存