物事には見えないものがある。それこそが重要なのかもしれない。天文学者 ガリレオ・ガリレイの言葉

スポンサーリンク

(1)

 

物事には

見えないものがある。

それこそが重要なのかもしれない。

 

 

(2)

 

見えないと始まらない。

見ようとしないと始まらない。

 

 

(3)

 

どうして君は

他人の報告を信じるばかりで、

自分の眼で

観察したり見たりしなかったのか。

 

 

(4)

 

責任を取れない人間は、

科学者であってはならない。

 

 

(5)

 

私は、

何も学ぶべきものがないほど

愚かな人に会ったことはない。

 

 

(6)

 

あらゆる真実は

一度発見されれば

理解するのは容易だ。

肝心なのは真実を発見することだ。

 

 

(7)

 

人にものを

教えることはできない。

自ら気づく手助けができるだけだ。

 

 

(8)

 

感覚が

役に立たないとき、

理性が役に立ち始めるのだ。

 

 

(9)

 

数学は

神が宇宙を書いた

アルファベットである。

 

 

(10)

 

それでも地球は動いている。

 

ガリレオ・ガリレイ(伊: Galileo Galilei、ユリウス暦1564年2月15日 – グレゴリオ暦1642年1月8日)、イタリアの自然哲学者、天文学者、数学者。近代科学的な手法を樹立するのに多大な貢献をし、しばしば「近代科学の父」と呼ばれる。また天文学分野での貢献を称えて「天文学の父」とも呼ばれる。物理学(自然学)分野では、「振り子の等時性」に関する研究や「斜面上をころがる物体の運動」に関する理論などを出発点として 1604年頃には落体(らくたい。鉛直方向に落下する物体)の運動法則の数学的定式化を完成させた。自然現象に対して、数学的手法および思考実験を用いて迫り、(仮説を)実験によって検証するというガリレイの方法は、(当時はまだ存在していなかった)「科学」の方法を新たに確立するのに大きく貢献するものであった。 天文学分野では、みずから改良したガリレオ式望遠鏡を使って木星の衛星、月面の凹凸(=クレーター)、太陽の黒点などを発見し、『星界の報告』(Sidereus Nuncius、1610年刊行)を著した。

 


 

講談社
¥704 (2024/02/29 23:43時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存