財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。岡本太郎の言葉

スポンサーリンク

(1)

あなたは才能があるから、

岡本太郎だからやれるので、

凡人にはむずかしいという人がいる。

そんなことはウソだ。

やろうとしないから、やれないんだ。

それだけのことだ。

(2)

気まぐれでも、何でもかまわない。

ふと惹かれるものがあったら、

計画性を考えないで、パッと、

何でもいいから、

そのときやりたいことに手を出してみるといい。

不思議なもので、

自分が求めているときには、

それにこたえてくれるものが

自然にわかるものだ。

(3)

相手に伝わらなくてもいいんだ

と思って純粋さをつらぬけば、

逆にその純粋さは伝わるんだよ。

(4)

自分に能力がないなんて決めて、

引っ込んでしまっては駄目だ。

(5)

弱い、

なら、弱いまま

ありのままで進めばいいじゃないか。

(6)

結局のところ、

自分の夢に向かって

自分がどれだけ挑んだか、

努力したかどうか、

ではないだろうか。

(7)

もし自分がヘマだったら、

”ああ、おれはヘマだな”と思えばいい。

もし弱い人間だったら

”ああ弱いんだなあ”

でいいじゃないか。

(8)

ひとつ、いい提案をしようか。

音痴同士の会を作って、

そこで、ふんぞりかえって歌うんだよ。

それも、音痴同士がいたわりあって

集うんじゃだめ。得意になってさ。

しまいには音痴でないものが、

頭をさげて音痴同好会に入れてくれ

といってくるくらい堂々と歌いあげるんだ。

(9)

人生、即、

絶対的な闘いなのだ。

それは絶え間のない、

永遠の冒険だと言ってもいい。

スポンサーリンク

(10)

人生は積み重ねだと

誰でも思っているようだ。

ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。

財産も知識も、

蓄えれば蓄えるほど、

かえって人間は自在さを失ってしまう。

(11)

人生は、

他人を負かすなんて

ケチくさい卑小なものじゃない。

(12)

よく、したり顔で、

四十を過ぎたら自分の顔に

責任をもて、なんて言うやつがいる。

いやったらしい表現だ。

自分の顔に責任をもってるような顔なんて、

考えただけでうす汚い。

(13)

ぼくは忘れるということを、

素晴らしいことだと思っている。

負けおしみではなく、

忘れるからこそ、

つねに新鮮でいられるんだ。

(14)

傷つけ、傷つけられる、

そのいたみこそ青春のあかしだ。

青春こそがこの世界の肉体であり、

エネルギー源なんだ。

青春は永遠に、

はじめからのやり直しだ。

(15)

死ぬと大騒ぎするけれど、

死ぬことと生きることは、

ぼくにいわせればおなじことなんだ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存