祖母からの手紙

スポンサーリンク

とりとめのないことを書きますが、

自分で咀嚼してください。

命が一番、元気が一番です。

心の元気が健康のもと。

心をやわらかく。苦しさを嬉しさに変える。

何があっても絶対に解決の方法はあります。

いいこと悪いこと、喜び悲しみは表裏一体です。

いまの状況を抜けるときは、

人生が飛躍するときです。

強さとは無心に尽きます。心がない、無心に尽きます。

一流選手の条件は、長く続けることです。

上から目線は、頭しか見えません。周りが見えません。

自分が偉いとか上手だとか思ったとき、

人生の誤りが始まります。

しんどいときは先のことを考えない。

いまを最小限のエネルギーで、なんとかすること。

人にわかってもらいたいとか、

変わってもらいたいと思っているあいだは、

しんどさは続きます。相手が悪いのではありません。

落ち込むと後悔の念が先に立ち、

失敗ばかりに目がいきます。

抜け出すにはきっかけを掴むこと。

自分の気持ちを変えるのではなく、

きっかけを持って変わるものです。

そのきっかけは、

友人、先輩、子供、本や映画、何でもいいです。

悶々としているときは、思考回路が空回りします。

肩の力を抜いて、

心に響く言葉に出逢うことです。

笑いは天の花。

いっぱい笑ってください。

嫉妬されるのは、その人自身がすぐれているから。

相手はそれが羨ましいのです。

神経質にならず、

好奇心を持って鈍感になってみてはどうですか。

公私ともに中傷もありますが、

すべてをバネにしてください。

嫉妬・悪口を言ってくれた人に感謝して

大きくなることです。

― サッカー日本代表・長友選手に宛てたおばあさまの手紙

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存