もしこの世の中に、風にゆれる「花」がなかったら

スポンサーリンク

もしこの世の中に、風にゆれる「花」がなかったら、

人の心はもっともっと、荒んでいたかもしれない。

もしこの世の中に「色」がなかったら、

人々の人生観までも変わっていたかもしれない。

もしこの世の中に「信じる」ことがなかったら、

一日として安心してはいられない。

もしこの世の中に「思いやり」がなかったら、

淋しくて、とても生きてはいられない。

もしこの世の中に「小鳥」が歌わなかったら、

人は微笑むことを知らなかったかもしれない。

もしこの世の中に「音楽」がなかったら、

このけわしい現実から逃れられる時間がなかっただろう。

もしこの世の中に「詩」がなかったら、

人は美しい言葉も知らないままで死んでゆく。

もしこの世の中に「愛する心」がなかったら、

人間は誰もが孤独です。

― 中原 淳一(1913 – 1983)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存