世界で最も親切にしにくのは家族。本当にこの人優しいなと思う人は家族に優しい人。江原啓之の言葉

スポンサーリンク

(1)

すぐに今から幸せになる方法。

魔法がある。

それは“比べないこと”です。

(2)

よく考えて。

冷静に分析してください。

ポジティブな気持ちが幸せを呼び込みます。

(3)

仕方がないことを悩むということは、

時間的に得か損か。

悔やんだところで時間がなくなるだけ。

その時間

お風呂にでも入った方が、気持ちがいいし、

楽しい音楽を聴いた方がよっぽどいい。

(4)

例えに出すのは、

私は幼い頃に両親を亡くしているが、

悩んだところで蘇るのか。

悔やんだところで仕方がない。

事実なんだから受け入れる。

宿命なんです。

(5)

世の中には

“大人”“子ども”という言葉があるけれども、

いつから“大人”になったのか。

“大人”になんて実はなっていなくて、

経験と感動だけが増えていただけで、

実際にはみんな同じ。

(6)

紅葉は特に女性の方は好きですが、

自分が枯れることは病的に恐れますよね。

美しく内面枯れていかないと。

ある適度歳が来たなと思う方。

今、あなたは

美しい人生の紅葉を迎えているだけなのです。

(7)

人を羨ましいと思う時は、

必ずその人の裏の苦労も欲しがってください。

あなたは知らないだけかもしれない。

(8)

家にいるということと、

心が通っているということは違う。

そばにいても心が通わなかったらそれまで。

北風と太陽という話がある。

風で脱がしてもダメ。

太陽で暑くて脱ぐようにならないと。

(9)

世界で最も親切にしにくのは家族。

本当にこの人優しいなと思う人は

家族に優しい人。

人には出来るけれど、

照れてしまって家族に出来ないことがある。

スポンサーリンク

(10)

人間関係で問題になると

『あの時から思っていたんだよね』

ということがあるが、それはダメ。

仕事でも人との付き合いの極意は

“喧嘩は先にしろ”

(11)

あなた自身の魅力に気づいてください。

自分の持っている魅力を磨かずして、

ないものねだりをしてもいい恋はできません。

(12)

失恋はあなたのたましいを磨く経験。

相手ではなく、自分のいけなかった部分を

素直に見つめてから次の恋を待ちましょう。

(13)

こうでなければいけない、

ああでなければいけない

というのはやってはいけません。

あまりにもそれが強くなってしまうと

自分で自分を縛ってしまう。

(14)

女性に多いことですが、

別れが来るとすぐに別な人を探して

なんとか自分の気持ちを補おうとする。

これはダメです。

嘘で嘘を重ねているから。

(15)

さっぱりと明るく笑ってごらん。

そして自分の心に素直になってごらん。

どこでも人間関係は悩むもの。

人間関係に悩みがないなんて国はない。

どこにでも同じような人がいる。

みんな楽しそうに見えるだけ。自分次第です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存