困難を予期するな。心を悩ますな。常に心に太陽を持て。

スポンサーリンク

(1)

失敗したからって何なのだ?

失敗から学びを得て、

また挑戦すればいいじゃないか。

(2)

万策尽きたと思うな。

自ら断崖絶壁の淵にたて。

その時はじめて新たなる風は必ず吹く。

(3)

名誉を失っても、

もともとなかったと思えば生きていける。

財産を失ってもまたつくればよい。

しかし勇気を失ったら、

生きている値打ちがない。

(4)

人を信じよ、

しかし、

その百倍も自らを信じよ。

(5)

成果が出ないときこそ、

不安がらずに、恐れずに、迷わずに

一歩一歩進めるかどうかが、

成長の分岐点であると考えています。

(6)

あせってはいけません。

ただ、牛のように、

図々しく進んで行くのが大事です。

(7)

人間はまじめに生きている限り、

必ず不幸や苦しみが

降りかかってくるものである。

しかし、それを自分の運命として受け止め、

辛抱強く我慢し、

さらに積極的に力強く

その運命と戦えば、

いつかは必ず勝利するものである。

(8)

困難を予期するな。

決して起こらないかも知れぬことに

心を悩ますな。

常に心に太陽を持て。

(9)

人は何度やりそこなっても、

「もういっぺん」の勇気を失わなければ、

かならずものになる。

スポンサーリンク

(10)

いいかい、

怖かったら怖いほど、

逆にそこに飛び込むんだ。

(11)

何でも思い切ってやってみることですよ。

どっちに転んだって人間、

野辺の石ころ同様、

骨となって一生を終えるのだから。

(12)

才能で負けるのはまだ言い訳が立つ、

しかし誠実さや、勉強、熱心、

精神力で負けるのは

人間として恥のように思う。

他では負けても、

せめて誠実さと、

精神力では負けたくないと思う。

(13)

叩かれたからといって、

へこんでしまうことはないわ。

あれだけ叩いて卵を泡立てても

ケーキはふくらむもの。

(14)

世界には、

きみ以外には誰も歩むことのできない

唯一の道がある。

その道はどこに行き着くのか、

と問うてはならない。

ひたすら進め。

(15)

人に大切なのは、

自信を持つことだ。

私が孤児院にいたとき、

腹をすかせて街をうろついて

食いものをあさっていたときでも、

自分では世界一の

大役者ぐらいのつもりでいた。

つまり勝ち気だったのだ。

こいつをなくしてしまったら、

人はうち負かされてしまう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存