苦しみを感じた時に読みたい言葉

スポンサーリンク

(1)

間違えたり逃げたりするのは、

誰にだってあることだ。

苦しみにひとりで立ち向かうのは、

凄くきついことだからな。

苦しいときに、

苦しいって言うぐらい、いいと思うよ。

(2)

苦しき出来事も

僅かに頬をかすめる荒風

ふと振り向けば遥か後ろを吹きぬける。

留まる事など決して無い。

(3)

絶対の幸福なんてこの世にない。

苦しみや悲しみがあるからこそ、

人は幸せになりたいと願う。

けれど、

本当の幸せは

幸せを探して生きる毎日の中にある。

(4)

待っているだけでは

もっと大きな苦しみにまた襲われる。

努力し自ら切り拓くしかないんだ。

(5)

後悔しない生き方を選べ。

自分にとって本当に大切なものは、

つらくても悲しくても守り通すんだ。

(6)

苦労して育てた実が、

翌朝にもぎ取られてなくなっていたら?

昨日の内に、

面倒臭がらずに収穫しておけばよかったと

後悔するはずよ。

辛いわよ、その後悔は。

(7)

どんなに苦難があったにせよ、

もしもそれを乗り越えられたなら、

もっともっと輝くカケラになるでしょう。

(8)

あなたの強い意志の前では、

目の前の苦難は、

最早苦難ではないのです。

(9)

たしかに生きることは苦しい。

でも、だからこそ、

その中に幸せを見つけることができるんだ。

スポンサーリンク

(10)

誰かに認めて欲しくて、

だけれど、

何を努力すればいいのかわからないのが、

人の世の苦しみです。

(11)

何かを勝ち取るには、

何かを犠牲にしなければならないし、

地味な努力と、

それに耐えていく我慢が必要なのだ。

(12)

これから辛い事、

苦しい事もたくさんある。

けれど、

自分をちゃんと持って、

そして夢をちゃんと持って。

そして夢を叶えようとする自信を持って。

(13)

そなたは苦難を誇っていい。

苦難を知らぬ者には味わえぬ

快楽を知る資格があるからだ。

(14)

どんなにつらくて苦しいことがあっても、

後ろばかり見ていたらだめなんじゃないかな。

(15)

あなたは、

信じなかったことを悔い続けました。

だから、訪れた今日を大切に。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存