人の一生は、重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。急ぐべからず。

スポンサーリンク

(1)

逆境とは、

天が自分の宝石を磨くときに使う

ダイヤの粉塵のことだ。

(2)

とにかく、考えてみることである。

工夫してみることである。

そして、やってみることである。

失敗すればやり直せばいい。

(3)

一歩ずつ着実に立ち向かうことだ。

これ以外に方法はない。

(4)

もう一歩。

いかなる時も自分は思う。

もう一歩。

今が一番大事なときだ。

もう一歩。

(5)

止まりさえしなければ、

どんなにゆっくりでも進めばよい。

(6)

踏まれても叩かれても、

努力さえしつづけていれば、

必ずいつかは実を結ぶ。

(7)

自分自身を信じてみるだけでいい。

きっと、生きる道が見えてくる。

(8)

常に明るさを失わず努力する人には、

神はちゃんと未来を準備してくれます。

(9)

成熟するためには、

遠回りをしなければならない。

スポンサーリンク

(10)

自分がどんなに努力しても、

すぐに結果が出るとは限らない。

結果にこだわりすぎると安全な道を選び、

進歩は止まってしまう。

(11)

人の一生は、

重荷を負うて遠き道をゆくがごとし。

急ぐべからず。

(12)

高く登ろうと思うなら、

自分の脚を使うことだ。

高い所へは、

他人によって運ばれてはならない。

(13)

人間にとって成功とはいったいなんだろう。

結局のところ、

自分の夢に向かって自分がどれだけ挑んだか、

努力したかどうか、ではないだろうか。

(14)

偉業は、

一時的な衝動でなされるものではなく、

小さなことの積み重ねによって

成し遂げられるのだ。

(15)

みずから自分を励ませ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存