他人との比較ではない、自分の楽しさを追及すべし。漫画家 水木しげるが残した言葉

スポンサーリンク

(1)

好きなだけ眠らずして

何が人間か!

何が幸福か!

仕事を減らしました。

(2)

成功や栄誉や

勝ち負けを目的に

ことを行ってはいけない。

(3)

適当にやらないとね、

死ぬよ。

寝なきゃ駄目。

食べたいものは

食べないと駄目。

疲れたら

休まないと駄目。

(4)

他人との比較ではない、

あくまで自分の楽しさを

追及すべし。

(5)

戦争で片腕を失っても

絶望なんてしなかった。

だって生きてるんだから。

スポンサーリンク

(6)

人生をいじくり回してはいけない。

あわてずにゆっくりやれ。

(7)

本気で人を幸せにしようと思ったら、

自分が傷つくことくらい

覚悟しなくちゃいかんのだ。

(8)

運なんてものはない。

あるのは突撃力だけ。

弱い人は逃げ出すけれど、

人間はこうなると思えばなる。

突撃力さえあれば、

何でも成し遂げられる。

(9)

苦しいことから

逃げてはいけない。

ラクはいつだって出来る。

(10)

好きなことをやるのは当たり前。

だって、その方が頑張れるもの。

でも、それだけじゃダメ。

頭を使って、知恵を振り絞らないと。

成功するんだという

強い意志を持って努力しないと。

水木しげる(1922年〈大正11年〉3月8日 – 2015年〈平成27年〉11月30日)、日本の漫画家、妖怪研究家、紙芝居作家。1958年に漫画家デビュー。代表作となる『ゲゲゲの鬼太郎』『河童の三平』『悪魔くん』などを発表し、妖怪漫画の第一人者となる。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存