生きていれば、立ち止まることもある。心理カウンセラー 植西聰の言葉

スポンサーリンク

(1)

 

自分を

好きになったほうがいい。

長くつき合うんだから。

 

 

(2)

 

どんなに辛いことがあっても、

腐ってはいけない。

今は長い人生の

ほんの通過点に、過ぎないのだから。

 

 

(3)

 

結局、

自分自身の心が

変わらなければ、

どこに行っても同じ。

 

 

(4)

 

生きていれば、

立ち止まることもある。

そんなときは、

進みすぎたと思えばいい。

 

 

(5)

 

すべての答えは、

必ず自分の中に用意されている。

ただそれを見つければいいだけ。

 

 

(6)

 

誰だって、

自分の好きなことをすることは簡単です。

その反対に苦手なことは、

どうしても避けたくなってしまいます。

でも、目的のためには、

苦手なことや嫌いなことにも、

取り組む勇気と、

行動力が不可欠なのです。

 

 

(7)

 

人生は

自分の心次第で、

どうにでも変わる。

 

 

(8)

 

あなたがこの地球上に、

生まれてくるまでには、

いくつもの奇跡を積み重ねてきた。

あなたはすでに素晴らしい

強運の、持ち主なのである。

 

 

(9)

 

人生で最も大切な仕事は、

はるか彼方にあるものを

眺めることではなく、

目の前にはっきりと見えるものを、

きちんと実行すること。

 

 

スポンサーリンク

(10)

 

行動した者が

成功するとは限らない。

しかし

成功した者は必ず行動している。

 

 

(11)

 

ほかの誰かではなく、

自分自身の最高を目指そう。

 

 

(12)

 

年齢は、

夢を追わないための、

言い訳にはなりません。

人間が志を立てるのに、

遅すぎるということはないのです。

 

 

(13)

 

結局、

すべてのことは

やってみなければ、

わからないのです。

 

 

(14)

 

人生における悲劇は、

目標を達成しなかったことに、

あるのではない。

人生に

目標を持たなかったことにある。

 

 

(15)

 

あなたの気持ちが本気なら、

それを邪魔することは、

誰にもできない。

 

植西聰(うえにし あきら、1947年-)、日本の著述家、産業カウンセラー、心理カウンセラー。学習院高等科、同大学卒業後、資生堂に勤務。独立後、人生論の研究に従事し、独自の「成心学」理論を確立するとともに「心が元気になる」をテーマとした著述活動を開始。

 


 

著:植西 聰
¥1,320 (2024/02/27 23:17時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存