誰でも、実は不運よりも幸運のほうが多いはずなのです。だって今、ちゃんと生きてらっしゃるじゃありませんか。美輪明宏の言葉

スポンサーリンク

(1)

誰でも、

実は不運よりも幸運のほうが多いはずなのです。

だって今、

ちゃんと生きてらっしゃるじゃありませんか。

皆さんも、不運だと思う前に、

幸運な出来事を数えてみましょう。

(2)

大切なことは、

マイナスばかりを数えて悩むクセより、

自分の持っているプラスの面を数え

前向きに生きていくクセをつけることです。

(3)

人生は、最初はうまくいかず、

むしろ初めは地獄を見てもがく方が、

はじめからトントン拍子に上手く行くよりよっぽど良いのです。

なぜなら、最初に辛い経験をしておけば、

それを乗り越えた自分に自信がつくし、

何事でも辛かった時期と比べ現状を感謝し

喜ぶ気持ちを持つことができるから。

(4)

最初からうまく行くと、

人間は「世の中なんてチャライものだ」と調子に乗り、

感謝の気持ちも喜びもありません。

そこでゴーマンになり、

後でとんでもないシッペ返しを食らいます。

(5)

最初から苦しい経験をしてもがき苦しんで来た人は、

何とかその状況を打破しようと必死に頑張る。

その苦労と努力と執念が運を開き、物事が好転します。

(6)

天国の素晴らしさを知るには

地獄を知らなければならない。

“黒があっての白”

“白蓮は泥沼を栄養として美しく咲く”

ということをお忘れなく。

(7)

人は幸せとは長く続くものと勘違いをして、

「幸せになりたい」と言っては、

他力本願に

良いことが舞い込むことを期待しています。

これではいつになっても

「幸せ」を手にすることはできません。

(8)

本当の幸せを

いつ迄も感じたいのであればまずは、

常に全て何もかもに感謝をし続ける事に

自分の意識を変える事です。

そうすれば今直ぐに幸せになれるのです。

いつ迄も。

(9)

誰か素敵な人が現れて、

自分の人生を楽しくしてくれ

孤独を満たしてくれるような

都合の良い人間などどこにも居ません。

まずは自分を高める努力をすることが大事!

スポンサーリンク

(10)

優しい友達や恋人が欲しいと思うのなら、

まずはじめに自分自身が優しい人になることです。

「優しさ」は、

そこまで相手に入り込まず、

さり気なく本能的に相手を心地よくしてあげたいと、

ふと無意識に実行することなのです。

(11)

人からしてほしい優しさを自ら人に実行することで、

優しさはこだまのように返ってくるものなのです。

そして、

その優しさは人から人へと連鎖していきます。

(12)

「もらおう」「もらいたい」

とばかり考えている人は、

一生お貰い根性のままなのです。

人からもらおうとするのではなく、

逆にあげよう尽くそうと思えば

自然とパワーが自前で泉のようにわいてくるのです。

(13)

まずは、

自分から相手に何かしてあげたいという心掛けが、

パワーを生み、延いては

人から好かれる元気で明るい人になれるのです。

(14)

人を年齢・性別・容姿・肩書など

見た目だけで判断しない、

その人間の裏には生まれてからこれまでの喜怒哀楽、

劣善感善の歴史のどんな背景があるのか、

見えているものは氷山の一角で、

その下にはどんなものが

人格形成に影響したドラマの数々として潜んでいるのかなど、

見えないものを観る、考えることを習慣づけましょう。

思いやりが生まれます。

(15)

人間は1秒1秒死んでいます。

墓場に近付いているのです。

ですから、

1分1秒を大切にしてなんにでも興味を持ち吸収して、

人生を何倍も何十倍も楽しみましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存