悪口や陰口

スポンサーリンク

悪口や陰口に

 

傷つくことがあって、

 

それを気にしない強さを持つことは

 

難しい。

 

けれど

 

その相手が自分にとって

 

大事な人なのか、

 

自分が傷つくまでに

 

値する相手なのかを考えると

 

少し楽になる。

 

 



 

著:ヨーゼフ・キルシュナー, 翻訳:畔上 司
¥1,760 (2024/06/19 07:58時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存