得意と不得意

スポンサーリンク

人には誰にでも

得意と不得意がある。

不得意な領域で

自力で頑張ろうとすると

つまずきやすい。

だから、そんな時は、

不得意をオープンにして

素直に助けを求めること。

そうすると、

助けてくれる人が出てきたり

より愛してくれる人が出てくる。



著:ハイディ・グラント, 翻訳:児島修
¥1,584 (2024/05/15 21:54時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存