宝物っていえばみんな宝物だけど、なくしたいっていやぁ、みんななくしたい。名優・松田優作の言葉

スポンサーリンク

(1)

人間は二度死ぬ。

肉体が滅びた時と、

みんなに忘れ去られた時だ。

(2)

ぼくはいい男とかどうとか、あまり興味ないんですよ。

なにかどこかちょっとイノセントだったり、

フリークしている部分があったり、

肉眼ではちょっとわからないんだけど、

仕草でも、しゃべり方でも、なんかリズムが違っている、

どこかつまずいたりしている、破れている、

そんな人って、男でも女でもチャーミングに見えるんです。

(3)

いませんね。仲間なんて。

先輩でも後輩でも、同じくらいなやつでも、

緊張できる関係がいいわけで、

そういうのは仲間っていうんじゃないですよ。

(4)

直球しか投げられないピッチャーは、

ずっと直球を投げ続けていけばいいんだよ。

変にカーブを投げようとか、

時代に合わせてシュートを投げてみようと思わないで、

ずっと速球を投げ続けてみろ。

(5)

ものをつくるとか、自分が感じることにとことん真面目でありたい。

それが僕にとって、生きることだと思うんです。

(6)

つまらない仕事なんて絶対に口にするな。

この世はそんなものはない。

どんな些細なことでも真面目にしろ。

(7)

宝物っていえばみんな宝物だけど、

なくしたいっていやぁ、みんななくしたい。

(8)

自分は死んでも、肉体は無くなるんだけども魂ってのは宇宙にいる。

宇宙に無数の星みたいなのがあって、その一個が私の魂の星なんです。

(9)

僕らみたいにころころとポリシーが変わってるとね、

既にポリシーでも何でもなくなっているようなものがポリシーだったりしてね。

スポンサーリンク

(10)

人生には、とにかくやってみなきゃわからないってことが多すぎますよねえ。

やるかやらないか、それは自分の判断ですけど。

(11)

お前たちは俺には絶対に勝てない。

なぜなら俺は24時間映画のことを考えているからだ。

(12)

こんな狭い国で

意識だけはメジャーとかマイナーとか言ってても、

そんな差は基本的にないですからね。

(13)

何かを演じる時につい、

僕はあれもできる、これもできるって風になってきてしまう。

頭ばっかり大きくなってっちゃってね。

日常生活のディテールの中にドラマがあったりするでしょ。

僕はそんな簡単な事に長い間気が付かないでいたんですね。

(14)

ま、いつゼロになってもいい覚悟はしているから。

転げ落ちるのは全然怖くないよ。

だって、物質的に欲しいもの、ないんだから。

(15)

俺は若い人に、自分の中の変化と重ね合わせて映画を見てもらいたいんだ。

きっかけは『スターウォーズ』でも『たのきん映画』でも何でもいい。

劇場のあの暗がりの中に入ったら、

自分の過去や未来がいろんな形で浮かんでくる。

そんな世界があるってこと、知って欲しいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存