強がらない

スポンサーリンク

いくら強がっても

あなたの感情は

あなたにしか分かりません

強がれば強がるほど

本当に言いたかったことから

遠ざかってしまいます

あなたらしさが

どんどん見えなくなります

「 本当はね… 」って

自分の思いを伝えることは

悪いことではありません

受け止めて欲しいと

本当に思っているのなら

無理して下手に強がるよりも

素直になる勇気が必要なのかも

そうしないと あなたは

あなたという 特別な存在である

ことを忘れてしまうから

世界中のどこを探しても

あなたは一人しかいません

好き嫌いも

物の見方も考えかたも

笑いかたも泣きかたも

才能も感情も

あなたにしか出来ない

ことがたくさんあります

気がついていないかも

しれませんが…

あなたがいてくれるだけで

幸せな気持ちになれる人が

沢山いるんです

だからこれからも

あなたらしくいてくださいね

他人の真似をする必要なんか

全然ないんですよ

38



著:心屋 仁之助
¥462 (2024/04/16 20:14時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

コメント

  1. E より:

    本当は、だいすきなあなたに逢いたくて。本当は、だいすきなあなたと話したくて。
    あなたのそばにいたいな…♪

    あなたと話できる時間、幸せなの。
    あなたの姿を、久しく見てないから、寂しくなって、。
    ひとりでいると、最近寂しくて、涙がでてしまう。
    あなたのそばに、寄り添っていたいな…♪