心が疲れたときの言葉

スポンサーリンク

(1)

「3歩進んで、2歩下がる」

思いどおりに行かないから、

人生は面白い。

(2)

落ち込んだときこそ、

花の力を借りよう。

花を買って、部屋に飾る。

小さな花でも、あなたを励ます力は強力。

(3)

人間関係とは、

携帯用カイロのようなもの。

揉まないと、温まらない。

(4)

落ち込んだときは、

いつもと違った道を通る。

1駅手前で降りて歩くのもいい方法。

運動で体を動かせば、

テンションも上がって、元気が出る。

(5)

自然と切れる人間関係も、あっていい。

(6)

自分が納得しているなら、

友達の数はゼロでもいい。

(7)

「ありがとうございます」と言えた

あなたは、偉い。

(8)

きちんと謝れた

あなたは、偉い。

(9)

間違えたのではない。

勉強すべきところを見つけたのだ。

(10)

大変と言えるうちは、まだ大丈夫。

大変と言えなくなったら、本当に大変。

スポンサーリンク

(11)

誰かになるのは不可能。

自分は自分しかなれない。

あなたはすでに、

たくさんの自分らしさを秘めている。

それをもっと外に出して、

能力を伸ばし、生かせばいい。

(12)

悪口を言う時間があれば、

褒め言葉を言う。

(13)

いくら懐かしんでも、

過去は戻ってこない。

大切なのは、これからの未来。

「どんな未来にしたいのか」

「これからどう生きたいのか」

「そのために今、何をするべきか」

(14)

赤信号くらいで

いらいらするのは、赤信号。

(15)

友達と楽しい会話ができた。

これだけで幸せ。

平凡なところに、幸せは点在している。

(16)

恥を感じるべき時に、

しっかり恥をかいておくほうが、

人生経験になる。

次から、もっと頑張れる。

(17)

お金がなければ、節約する。

時間がなければ、時間を作る。

才能がなければ、人一倍努力する。

不足しているなら、

もっと増やす努力をすればいい。

(18)

何が何でも、

心だけは上向きを維持する。

何かいいことがあるのを待つのではなく、

自分からいいことを作っていく。

しばらくすると、いいことがやってくる。

(19)

笑う気分ではないときは、

笑えないことを笑おう。

笑った数だけ、元気になれる。

笑えないときに笑うのが、

絶望から抜け出す突破口。

(20)

苦手な人と会う前には、

心を癒やすイメージを思い浮かべる。

あなたにとって、

最も癒されるイメージは何ですか。

それを心のお守りにすれば、

苦手な上司ともうまく接することができるはず。

(21)

時間だけは取り戻せない。

だから、

いつも真剣に生きること。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存