最低限の心構えとして、卑屈になったらダメ。梨花の言葉

スポンサーリンク

(1)

 

なんでも一歩前進。

 

 

(2)

 

どうするかは自分で選べる。

やめることも、進むことも。

 

 

(3)

 

「何を終わらせて、何を始めるか」

たまに自分のなかで、

そういう区切りをつけることは

すごく大事なことだと思うな。

 

 

(4)

 

若い時はどんどん

失敗していいんだよ。

そこから学ぶことって

たくさんあるから。

 

 

(5)

 

どんどん

チャレンジすることが

大切なんじゃないかな。

 

 

(6)

 

喜怒哀楽をはっきりさせること。

笑えない時は笑わなくていいと思う。

 

 

(7)

 

自分に正直でいること。

まわりはごまかせても、

自分はごまかせないから。

 

 

(8)

 

どんなにどん底のときでも、

最低限の心構えとして、

卑屈になったらダメ。

 

 

(9)

 

たどり着きたい未来を思い描いて、

日々の当たり前のことから

丁寧に積み重ねていく。

 

 

スポンサーリンク

(10)

 

過程がだましだましだったら、

その場はやり過ごせても、

いずれガタがくる。

 

 

(11)

 

人間って自信がなくなると、

どんどん

マイナス思考になっていくけど、

『できる』という

小さな積み重ねが増えていけば、

さらに大きいものへ挑む

自信にもつながっていく。

 

 

(12)

 

じっくり見極めて見つけ出した

“自分らしさ”は、

誰の目にも素敵に映るはず。

 

 

(13)

 

自分に対して

正直であることが大前提。

 

 

(14)

 

貫くってことは、

エネルギーが必要だし、

人と衝突することもある。

相手に

嫌われちゃったりすることもあると思う。

でも私はたった一度きりの人生を

後悔ないように生きたい。

 

 

(15)

 

何を着て、

誰と、

どこに行くのか。

おしゃれを楽しむことは

自分の人生を楽しむ事なんだよね。

 

梨花(りんか、1973年5月21日 – )、日本のファッションモデル、タレント、歌手。スターダストプロモーション所属。

 



著:梨花
¥1,820 (2024/06/08 09:59時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存