人を愛せ。人を信じよ。闘将 星野仙一が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

勇気を奮い立たせて、

毎日闘っていく。

弱みは絶対、見せちゃいかん。

選手はいつも背中を見てますから。

丸まった背中になったら駄目なんです。

(2)

迷ったら前へ。

苦しかったら前に。

つらかったら前に。

後悔するのはそのあと、

そのずっと後でいい。

(3)

本気か、本気でないのかが

人生の分かれ道だ。

(4)

当たり前の事を

当たり前にやるだけ、ただし本気で。

(5)

どんな時でも過去ではなく、

未来をイメージし続けよう。

目標に少しでも近づけることを、

どんな時でも確実にやっていこう。

その積み重ねが後になって必ず役に立ってくる。

(6)

大変という意味は大きく変わるということ。

ピンチはチャンスの前触れ。

大難を忍ぶ者は、大善を引き起こす。

(7)

人を愛せ。

人を信じよ。

人を生かせ。

人を褒めよ。

(8)

不平等な世界だからこそ、

ひいきされるような選手になれ。

(9)

一生懸命というのは自分で決めるものではない、

他人に認められて初めて一生懸命と言えるんだ。

スポンサーリンク

(10)

思い悩んでいるなら、

前に出るのが男だろ。

(11)

大切なのは、

自信があるかないかではなく、

自分の仕事に夢中になっているか否かだ。

自分の仕事に馬鹿になれるなんて、

すごく幸せなことだ。

(12)

弱気は相手を強気にさせる、

弱気は強気に押し切られる、

強気は弱気を制していく、

強気は強気を押し退ける。

(13)

迷った時は前に出る。

勝負に懸けた時点で正解なんや。

(14)

指示を待つな!

勇気を持って、

積極的に行け。

(15)

見つけることよりも、

やってみることが大事なんだ。

少しでも好きになれそうな仕事に、

とりあえずチャレンジしてみる。

星野仙一(ほしの せんいち、1947年1月22日 – 2018年1月4日)、日本のプロ野球選手・監督、野球解説者、コメンテーター。選手時代のポジションは投手。セ・リーグ初の最多セーブ投手を獲得している。中日ドラゴンズ・阪神タイガース・東北楽天ゴールデンイーグルスで監督を務めた。2008年には北京オリンピック野球日本代表の監督も務め、4位まで導いた。2015年より死去まで株式会社楽天野球団取締役副会長を務めた。



著:星野 仙一
¥1,320 (2024/06/16 18:27時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存