自分をいくら良く見せたところで、周りの人は、ちゃんと見抜いているものです。哲学者 セネカの言葉

スポンサーリンク

(1)

怒りというものは、

それを起こさせた相手の過失よりも

さらに悪いものです。

(2)

恩恵を施す者はそれを隠せ、

恩恵をうくる者は、それを公にせよ。

(3)

人間にとって

真の最大の敵は、

自分の胸の中に居る。

(4)

およそ惨めなものは、

将来のことを不安に思って、

不幸にならない前に

不幸になっている心です。

(5)

自分をいくら

良く見せたところで、

周りの人は、

ちゃんと見抜いているものです。

(6)

自分で自分の事をどう思うか。

それは他人から

どう思われるかよりも、

はるかに重要である。

(7)

自分が不幸だと考えないかぎり、

この世には不幸なことは何一つない。

(8)

幸せになりたいなら、

持っているものを増やすのではなく、

欲望を減らしなさい。

(9)

もし君が人に愛されようと思うなら、

まず君が人を愛さなければならない。

スポンサーリンク

(10)

難しいから

やる気が出ないのではない。

やる気がないから難しいのだ。

(11)

人は教えることによって、

もっともよく学ぶ。

(12)

富というものは、

それを必要としていない人の元へ集まる。

(13)

私たちは常に命の短さを嘆きながら、

あたかも命が

いつまでも続くかのように振舞う。

(14)

誰も永遠に

仮面を被り続けることはできない。

偽装はやがて自分の天性へと帰る。

(15)

大事な時間を

雑事で浪費するな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存