今の幸せに目を向けなさい。誰もが少しはもっている、過去の不幸は忘れなさい。小説家 チャールズ・ディケンズの言葉

スポンサーリンク

(1)

この世に

生きる価値のない人などいない。

人は誰でも、誰かの重荷を、

軽くしてあげることができるのだから。

(2)

他人の苦しみを軽くしてやる時、

人は自分が無能だとは思わないはずだ。

(3)

誰もがたくさんもっている、

今の幸せに目を向けなさい。

誰もが少しはもっている、

過去の不幸は忘れなさい。

(4)

病気や悲しみも人にうつるが、

笑いと上機嫌ほど、

うつりやすいものもこの世にない。

(5)

家族の愛こそが、

人生最大の安らぎである。

(6)

慈善を始めるのは家庭内から。

そして正義は隣人から。

(7)

生きている人間に魂がないことは、

死人に魂がないことより

はるかに恐ろしい。

(8)

決して頑固にならない心を持ち、

決して飽きない気質を持ち、

そして

決して感情を害さない器用さを持て。

(9)

愛する心は、

真の知恵である。

スポンサーリンク

(10)

自分がしてほしいと思うことを

人に施す努力をせよ。

もし相手がそうしてくれなくても、

がっかりする必要はない。

あなたが相手を

がっかりさせるよりはずっといい。

(11)

人生において

我々が囚われている鎖は、

我々が生み出したものに他ならない。

(12)

今日できることを

明日にしてはいけない。

遅延は時間の泥棒だからだ。

(13)

心も身体同様、

安楽を貪ってばかりいると、

膿が溜まり病気になりやすいものだ。

(14)

別れの痛みは、

再会の喜びに比べれば、何でもない。

(15)

旅行者はその放浪によって、

家庭のありがたさを学ぶ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存