幸せになるって、簡単なんだよ。いつもニコニコして、いい言葉を使いな。それだけで、幸せになれるんだよ。

スポンサーリンク

(1)

「ツイてる、ツイてる」っていう口ぐせは、

あなたを絶対に幸せにする口ぐせです。

ふだんから、何度も何度も言ってください。

(2)

ライバルとは敵です。

敵を作ってはいけません。

敵を作ることより、まず友達を作ることです。

競争するより、協力したほうがいいんです。

(3)

物事を否定的にとるか、肯定的にとるか、

その辺の違いが、

人の人生を左右するのです。

(4)

遠くを見すぎたり。自分と人を比較したり。

そんなことをしては落ちこんだり、つまずいたり。

それよりも、自分の足元を見て、

少しでも前に進んでいくことです。

そうすれば、確実に幸せになれるし、

足元に咲いている花にも気づくんだ。

(5)

「今日だけ幸せに生きること」を考えてください。

もっと言うと、

「今だけ幸せに生きること」を考えてください。

(6)

人生って、長いように見えても、

結局、今の連続ですから。

今、幸せな人は、

明日も、あさっても幸せですよ。

(7)

人と比べてはダメですよ。

つねに自分を基準にして、

出発点からどれくらい

自分が上がったんだろうかを見る。

人と比べると慌てるよ。

(8)

運勢という字は『勢いを運ぶ』と書きます。

つまり、運勢は勢いです。

運勢をよくしたいと思ったら、

なんでも勢いよくしましょう。

(9)

「ツイてる」と言っていればツイてくる。

逆に「ツイてない」と言っちゃうと

ツキが逃げてしまう。

実に簡単な法則です。

スポンサーリンク

(10)

人生は「開き直る」ことが大切です。

「開き直る」って悪い言葉ではありません。

開き直るとは、

閉じていた心を開いて、

曲がっていた心をまっすぐに、ピっと直すこと。

これを「開き直る」と言うんです。

(11)

完璧主義者というのは、

完璧にできなかったことをずっと悔やんで

自分を責めるか、他人を責めるか。

いずれにしろ、人間を責める人のことです。

(12)

人間にとって、一番「うれしいこと」、

そして「楽しいこと」。

それは、人の喜んだ顔を見ることです。

人の喜んだ顔を見ると、

自分の心もパッと花が咲いたように明るくなります。

(13)

人間関係をよくしたいと思うならば、

相手を変えるより、

自分が変わる以外にすべがありません。

(14)

やってやれないことはない。

やらずにできるわけがない。

(15)

幸せになるって、簡単なんだよ。

いつもニコニコして、

いい言葉を使いな。

それだけで、幸せになれるんだよ。

― 斎藤一人(実業家, 1948 – )

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存