自らを卑下することなく、「小さきは小さく咲かん」という健気さとプライドを持って生きること。

スポンサーリンク

(1)

大きな花、

豪華な姿で咲き誇る花を羨み、

自らを卑下することなく、

「小さきは小さく咲かん」

という健気さとプライドを持って生きること。

それはまた、

他人にもその人なりの、

その人にしか咲かせることのできない

花を咲かせようとする姿でもあります。

(2)

美徳も、幸運も、誇りも、

誰も与えてはくれない。

他ならぬ自分自身で生み出すしかない。

(3)

何を捨てるかで誇りが問われ、

何を守るかで愛情が問われる。

(4)

誇りを持つと、

人は自分に厳しくなる。

(5)

臆病者は数の力を喜ぶ。

しかし、

勇敢なる精神をもつ者は、

一人戦うことを誇りとする。

(6)

失敗は誇り。

それだけリスクを冒したということだから。

(7)

プライドを捨てるのにも、

案外、プライドが要るんだよ。

(8)

与えられたことを

精一杯できるか。

それが重要なんです。

(9)

地道な練習を続ければ、

自信と誇りを手にすることができる。

スポンサーリンク

(10)

自分のできることを

とことんやってきたという意識があるかないか。

それを実践してきた

自分がいること、継続できたこと、

そこに誇りを持つべきだ。

(11)

汝の敵には嫌うべき敵を選び、

軽蔑すべき敵をけっして選ぶな。

汝は汝の敵について誇りを感じなければならない。

(12)

欲望を限定することの方が、

それを満たすよりも、

はるかに誇りにするに足るものである。

(13)

隣人のために尽くす誇りは、

高い所得を得るよりもはるかに大切だ。

蓄財できるすべての黄金よりも、

はるかに決定的でいつまでも続くのは、

人民たちの感謝の念なのである。

(14)

必死に打ち込んだ経験が必要なんだよ。

それが人間の誇りになるんだ。

(15)

いくらお金があっても、

地位が高くなっても、

心に誇りのない人間は、

つまらない人です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存