自信と誇りは持ち続けるべきですが、相手を尊敬する謙虚さを忘れないことが大切です。

スポンサーリンク

(1)

たった一度のこの人生。

あなたが選んだ道は、

その歩きがいのある道か。

誇りを持て。

(2)

自信と誇りは

持ち続けるべきですが、

相手を尊敬する

謙虚さを忘れないことが大切です。

(3)

自分の才能にプライドを持つことが大切。

志を高く、誇りを持って突き進むことで、

人生を実り豊かにしてくれる。

(4)

自分に嘘をついたらいけない。

自分のなりたい自分にならなければいけない。

誰が何を言おうと、自分を偽っては駄目。

(5)

誇りを持って行動せよ。

行動は君自身のものである。

(6)

世の中には、

勝利よりももっと

勝ち誇るに足りる

敗北があるものだ。

(7)

死ぬのは怖くない。

恐いのは、

誇りを失ったまま生き続けることだ。

(8)

誠実に行動して失敗した場合は、

誇りを失わず、くじけぬように。

そして成功した場合には、

謙虚で控え目であること。

(9)

自信のない人間ほど

中途半端なプライドにしがみついて、

謝ることができません。

ここで謝ったら、

自分の人格が全部

否定されると思い込んでいるのです。

スポンサーリンク

(10)

人の質を決定するのは、

その人が自分に

プライドを持っているかどうかだと考えている。

他人に見せるプライドではない。

自分自身への誇りである。

(11)

恨みを抱くな。

大したことでなければ、

堂々と自分のほうから謝ろう。

(12)

頑固を誇るのは小人の常である。

にっこり握手して自分の過ちを認め、

いっさいを水に流して

出直そうと申し出てこそ、大人物である。

(13)

人の過ちをいわず、

わが功を誇らず。

(14)

虚栄と誇りは違う。

虚栄を満たすには他者を必要とするが、

誇りは他者を必要としない。

(15)

誇りを持って死にたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存