忘れちゃいけない

スポンサーリンク

親しき仲に甘えて

苛立ちをぶつけてしまう君を

僕は知っている。

そんな自分が嫌で

成長したいと前を向く君も

僕は知っている。

それを繰り返せる二人にだけ

運命が微笑んでくれること

僕と君は忘れちゃいけない。


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存