笑い声は太陽。人々の表情から冬を追い払ってくれる。レ・ミゼラブル著者 ヴィクトル・ユーゴーの言葉

スポンサーリンク

(1)

 

女は弱し

されど母は強し。

 

 

(2)

 

力が足りないのではない、

意志が足りないのだ。

 

 

(3)

 

海よりも雄大な光景がある。

それは天だ。

天よりも雄大な光景がある。

それは良心だ。

 

 

(4)

 

思慮は

理性の労働であり、

空想は

その愉しみである。

 

 

(5)

 

荒々しく毒ずいた言葉は、

その根拠の弱さを物語っている。

 

 

(6)

 

労働は生命なり、

思想なり、光明なり。

 

 

(7)

 

人間は

鎖をひきずってあるくためにではなく、

翼をひろげて

天翔るためにつくられているのです。

 

 

(8)

 

四十歳は

青年の老年期であり、

五十歳は

老年の青年期である。

 

 

(9)

 

笑い声は太陽。

人々の表情から

冬を追い払ってくれる。

 

 

スポンサーリンク

(10)

 

愛が無くても

与えることはできるが、

与えること無しに

愛することはできない。

 

 

(11)

 

極端な無邪気さは

極端な嬌態に近い。

 

 

(12)

 

シワとともに

品位が備わると敬愛される。

幸せな老年には

いいしれない黎明。

 

 

(13)

 

計画もなく、

時間の使い方がただ

成り行き任せにされていると、

たちまち混乱と

無秩序の支配するところになる。

 

 

(14)

 

愛しすぎる

ということがないのと同様に、

祈りすぎるということはない。

 

 

(15)

 

人間の精神は

三つの鍵によって開かれる。

それは数と文字と楽譜である。

知識と思考と夢の全てがここにある。

 

ヴィクトル=マリー・ユーゴー(仏: Victor-Marie Hugo、1802年2月26日 – 1885年5月22日)、フランス・ロマン主義の詩人、小説家。七月王政時代からフランス第二共和政時代の政治家。『レ・ミゼラブル』の著者として著名。1959年から1965年まで発行されていた5フラン紙幣に肖像画が採用されていた。

 



 

著:ビクトル・ユーゴー, 翻訳:豊島 与志雄
¥99 (2024/07/14 11:10時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存