たかだか人間、気軽にやったほうがええわな。菅原文太が残した言葉

スポンサーリンク

(1)

ヘンクツや異端者と呼ばれてもいいじゃないか。

変わり者の生き方の方が面白いよ。

(2)

スネに傷を持たない人間なんていないじゃないか。

どこかで間違いのひとつやふたつ犯している。

真っ白な無謬な人間なんていない。

(3)

アメリカにも、

良心厚い人々はいます。

中国にもいる。

韓国にもいる。

その良心ある人々は、国が違えど同じ人間だ。

(4)

沖縄の風土も、

本土の風土も、海も山も空気も風も、

すべて国家のものではありません。

そこに住んでいる人たちのものです。

(5)

政治の役割はふたつあります。

一つは、国民を飢えさせないこと、

安全な食べ物を食べさせること。

もう一つは、これが最も大事です。

絶対に戦争をしないこと!

(6)

くだらんな、政治の世界は。

どうひいき目に見ても、

ありゃあ、茶番劇にしか見えんわな。

(7)

考えてみりゃあ

人間なんか生きていること自体が

バクチのようなもん。

(8)

人間、急いでおったらあんまりいいことない。

足元見てマイペースを守っておったら、

蹴躓くこともないわな。

(9)

日本人の悪い癖だな。

何でもかんでも急いでいる。

スポンサーリンク

(10)

暴力映画に出てきた私が言うのもなんですが、

命を賭けて戦争に反対しましょう。

(11)

カタギの世界の人間のほうが

乱れているな。

(12)

大酒飲みか!

いいじゃないの。

酒癖が悪い?

そんなことは

他人が勝手に決めつけることでね。

(13)

オレもぐうたら人間でね、本質は。

仕事のないときは家でゴロゴロしている。

たかだか人間、

気軽にやったほうがええわな。

(14)

本来は、一人一人に

考え方と生き方があるべきなんだ。

ところが、そうはさせないように

世の中の仕組みはなっている。

(15)

日本はB級国家でいいから

誇りを持った国がいい。

少しくらい貧乏になっても、

ブータンのような幸福度

世界一の国を目指してほしいよ。

菅原文太(すがわら ぶんた、1933年〈昭和8年〉8月16日 – 2014年〈平成26年〉11月28日)、日本の俳優・声優・ラジオパーソナリティ・農業従事者である。キャリアを始めた時は、その身長(178cm)を活かしファッションモデルとして活躍。 その後の俳優としての出演作品は非常に多く、映画のシリーズものとしては具体的には「現代やくざシリーズ」、『関東テキヤ一家』シリーズ、『まむしの兄弟』シリーズ、『仁義なき戦い』シリーズ、『トラック野郎』シリーズなどがある。俳優としていわゆる「下積み」の時代が長かったが、39歳の時に公開された映画『仁義なき戦い』の大ヒットで有名になり、俳優としての地位を確立した。特に『仁義なき戦い』シリーズと『トラック野郎』シリーズは大人気シリーズとなり一世を風靡した。『太陽を盗んだ男』の演技により、1980年、第3回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。テレビドラマでも活躍し、NHKの大河ドラマにも複数出演、『獅子の時代』では主人公の平沼銑次を演じた。劇場版アニメ『千と千尋の神隠し』や『ゲド戦記』にも声で出演。60代に入ると田舎暮らしや農業へと関心が向かい、1998年には岐阜県大野郡清見村(現・高山市)に移住、2009年から山梨県へ移り農業生産法人「竜土自然農園おひさまの里」を設立し、農産物の生産に従事。有機農業に取り組み、食の安全や命の大切さを人々に訴えた。



出演:菅原文太, 出演:梅宮辰夫, 出演:松方弘樹, 出演:渡瀬恒彦, 出演:金子信雄, 出演:曽根晴美, 出演:田中邦衛, 出演:名和宏, 監督:深作欣二, Writer:笠原和夫
¥300 (2024/06/10 18:18時点 | Amazon調べ)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存